ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

image

昔、NHKの日曜美術館で久石譲さんがカンディンスキーの絵を見ながら、絵の前でピアノを (あれは即興だったかしら?) 弾いた事があったけれど、あれはとても印象的な企画だったなぁ。

絵画と音楽。

植物もまた同様に。
花そのものにも音を感じるし、
花のラインを活かしたコンポジションから旋律やリズム、鼓動が生まれてきたり。

呼応し、どちらからともなく魅かれあっているような、そんな瞬間。
響き合うimage。

自分用に飾る花は、デコから下げてきた、痛んでもうギリギリの花だったり、折れた一枝だったりしますが、こうしてちょっとリズム感を加えて活けてあげると、見る見るうちに存在感が増してきて、花自身も見られてる意識をもって輝き始めます。

今日のコンポジションは最近よく聴いているピアノの旋律から。

勝手にコラボ。w


f0148441_17124467.jpg


musique: 'fleur' Takuro Kikuchi

les vases: 'KISAKU' by acru




そして窓の外から。鈴虫がセッション。

悪くないw
[PR]
by nishimaggiefr | 2014-09-04 17:22 | Labo1113 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nisimaggie.exblog.jp/tb/22864468
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 泉中央swingのサマ―オブジェ 気に入るとそればっかりになっちゃうw >>