ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

10/29 taca/佐々木優樹ライブ

Al Niyat/アルニヤト

taca(Accordion)

佐々木優樹(Guitar)

フレンチジャズや民族音楽を中心に様々なジャンルを吸収した音楽性は、無国籍で情感溢れる音色。

アコースティックの美しい響きと、デュオとは思えない白熱した演奏をお楽しみください。

f0148441_21022703.jpg
1029()仙台"Jazz Meblues noLa”

18:00open/18:30start

予約3500yen (1D)当日4000yen(1D)

仙台市青葉区錦町1丁目5-1ノーバル・ビル1

TEL022-398-6088

予約受付:pticouro@gmail.com (ニシマギ)




taca(アコーディオン)

1977年岡山生まれ。9才でアコーディオンを始める。20才でイタリア留学、その後パリへ。クラシック・アコーディオンをFredericGuerouet、ジャズ・アコーディオンをDaniel MilleChristian TOUCAS、作曲をDaniel Goyoneの各氏に師事。2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方音楽院(コンセルバトワール)アコーディオン科を首席で修了。仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドービルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバル、アルバニアのティラナワールドミュージックフェスティバル(2016)などに参加。2007年のパリ・コレクションでは若手デザイナー前浜進作氏のショーのプレゼンテーションで演奏。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、映画音楽、ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。

2008年にアルバム『風の谷』でデビュー。『la route de la soie/silkroad project/taca(2009)Wind of Legend/taca-Wind of Legend(2012)、『LETTERS/taca(2013)、『IL CINEMA DELLA VITA/レラーブル』(2013),『とわのひかり/Aco+taca(2015),『幸道/レラーブル』(2016)をリリース。



佐々木優樹

中学時代にギターを始め、18歳の時、DjangoReinhardtCDを聴きJazzに傾倒。それ以前から聴いていたPost Rock, Electronica, Ambientなど様々な音楽を消化した音を、自然なものとして出せるようオリジナル曲を作曲、演奏活動をする。コーランやお経のような独特な発声の声と、より線的な意識に基づく音楽性は、中東、アフリカの民族音楽や、日本の雅楽にも通づる旋律や時間軸を持つ。

2012年「Godin」が開催する「Godin Player’s Competiion」にて「Godin特別賞」を受賞。リーダーを務める「Gipsy Vibs」では、オリジナルを含む5曲を収録したCDと、茶工房豊好園の品種茶十種とのコラボレーション商品「響十茶」を2013年に発売。「ふじのくに新商品セレクション」金賞、世界緑茶コンテスト 金賞受賞。

2014年、ファーストアルバム「Story」を発売。2016年より、さらに自己の民族性や音楽性に焦点を当てた「佐々木優樹 -ElectricZen」名義でソロ活動を開始する。




[PR]
by nishimaggiefr | 2017-10-25 06:11 | musique | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nisimaggie.exblog.jp/tb/28202694
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< Bretagne/taca t... 10月11月12月のFlowe... >>