ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

カテゴリ:les fleursお花にまつわる話( 244 )

花降る街、仙台「HANA FULL 春GIFT」

f0148441_22275710.jpg


f0148441_2228185.jpg


2017年最初の「花降る街、仙台」は2月4日、5日の2日間にわたりAER2Fを会場に、「HANA FULL 春GIFT」と題して、誰かへの「想い」を束ねるミモザの花束ワークショップを開催いたしました。

寒い中、ご参加くださった皆さまありがとうございました。

花束を手に歩く楽しさ、
作った花を誰かに喜んでもらえる嬉しさ
花からつながるあたたかな気持ちのやりとりなど、
感じて頂けましたら幸いです。

今後も、日々の暮らしに花をちょっと添えるだけで生まれる
心潤うひと時をお届けしていきたいと思います。

活動の様子や今後の予定などはFB、igでご覧いただけます。
是非ご覧ください。
〇Facebook→
〇Instagram→

f0148441_2325365.jpg

また、今回お配りしたMAPに掲載されている花降るプロジェクト参加店のスタンプラリーではlabo1113の各レッスンやお出かけワークショップ、月に一度のflower market @SENDAI KOFFEECO.でのお買い物なども対象とさせていただいております。

お越しになる際には是非忘れずにお持ちくださいね。
お待ちしております。
[PR]
by nishimaggiefr | 2017-02-09 23:07 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

ダリアのギフトと

f0148441_9192454.jpg


還暦お祝いのアレンジ。
「赤系でおまかせ」とのご依頼でした。
御祝ですから華やかな印象のお花がいいなぁと思い。また、お送り主の奥様はシックな方と伺ったので、赤でもエレガントなワインカラーに。。。
(お渡しになる場所もフレンチレストランでしたし♫)
後日、とても喜んでいただけたと連絡を頂き嬉しかったです。
大切なギフトを作らせていただき、どうもありがとうございました!


ダリアは日持ちがしませんが、「長く記憶に残る美しさ」という楽しみ方もあるね、と。
昨日レッスンにいらした方々ともお話しました。

形に残るものがすべてではないこと、見えなくとも豊かさを感じられる心を一緒に感じて楽しんでくださる方々との出会いは私にとっても励みになります。

10月からはまた新たなラボクラスがスタートします。
徐々にお知らせをしていきたいと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願い致します。
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-09-11 09:32 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

45rpm「藍・インディゴの日」

9月10日
45rpm仙台PARCO2店一日限りの「藍・インディゴの日」

藍色の世界にポッと秋色を挿してきました。
f0148441_9345080.jpg


ディスプレーは9月14日(水)までありますので、
もし仙台駅の方に行かれた際には、是非お立ち寄りくださいね。
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-09-10 09:33 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

光による音楽会 (8/23仙台)

渡辺さんの明りに照らされて、植物たちが気持ちよさそうに歌い出し、
曽我さんの演奏と朗読によって、さらに豊かに物語が広がってきたとき
思わず立ちあがって、息をのんで目を凝らし、一瞬たりとも逃すまいと、耳を澄ました。

f0148441_1930179.jpg


鋭い感性が高みを求めてぶつかり合い、寄り添い、刺激し合うステージ

人生で何度見られるだろうか、と思うほどに、心が揺さぶられ

「感動した」という言葉では言い尽くせない程に幸福なひと時でした。

留まることの知らない冒険者たちは、ストイックでありながらもとても温かく

私と植物たちのことも受け入れて、活かしてくれました。


長年いつも思っていることだけど、

世界を舞台に活躍する人たちのスケールは違うなぁ。

そういう姿勢を目の当たりにする度に、私も自分なりに常に理想に向かって挑戦し続けたいと思うのです。

f0148441_19355383.jpg

f0148441_1938658.jpg


かけがえのない機会をいただきありがとうございました。

曽我さん、渡辺さん、そしてSK田村さんに心からの感謝を。


・・・・以下、SENDAI KOFFEE CO.HPより

前回会ったとき

”(ここ最近の創作の流れを)まとめたり
整理したりはしない”

どんどん進んでいくだけだ
そう語ってくれた曽我大穂

CINEMA dub MONKS
そして
近年凄い勢いで
評価をあげている現代サーカスグループ circo de sastre
”仕立て屋のサーカス”

この両輪を軸に
クリエイティビティに
制限をかけない
ストイックな姿勢を貫き

観るごと
度肝を抜く実験的挑戦的パフォーマンスで
圧倒する曽我

そして今回は
仕立て屋のサーカスの
メンバーであり

天才照明作家として
現在ひっ張りだこの
渡辺敬之をパートナーに

”光による音楽会”
という表題で行う
新たな取り組み

舞台後方からオペレーションのみならず
ときにステージにまで上がり
自らの手でライティングする渡辺

シンプルに組み合わせた
照明装置からは想像できない
意表を突き
絶妙で
幻想的なまでのトリップ感を
演出


この仙台公演は
西間木恵 の植物装飾も
舞台美術のひとつとして
組み込まれ

時間の経過とともに
光と影

憂いや
もの悲しさ

懐かしさや
どこかへ逃れゆくような

救いのような

不思議な情景が錯綜します


圧巻は
ラストの20分

どこまでもどこまでも
どこまでもどこまでも
食い上がってゆくような

激しい慟哭のような音の洪水と
それに触発され
変貌しつづける光

真っ白になって
昇天するようなクライマックス

終演後
声もでない衝撃に
つつまれる会場

芸術の破壊力を
目の当たりにしたような夜


☆”光による音楽会” 8/23火
曽我大穂 (音楽/CINEMA dub MONKS)
渡辺敬之 (照明/仕立て屋のサーカス)
西間木恵 (花空間演出)
仙台 SENDAI KOFFEE
19:00/19:30
前¥2000 d別
予約 022-224-7403

f0148441_19275672.jpg

f0148441_19291793.jpg

f0148441_19281918.jpg


この永遠のひと時を共に体験して下さった皆様にも、心から感謝申し上げます。
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-08-28 19:56 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

クリのグリーンデコ

f0148441_18313089.jpg


flower marketでもグリーンのクリは人気でした!
チクチクイガイガ。。。、でもやっぱりかわいい!
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-08-28 18:29 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

今週末の2つのマーケット

f0148441_1021832.jpg


◎8月27日(土)12:00~16:00
 「Saturday flower market vol.2」
 
 会場:SENDAIKOFFEECO.
 仙台市青葉区春日町4-25 パストラルハイム春日町1F
    仙台メディアテークから徒歩2~3分

 今回もインテリアとして飾りやすいグリーンや週末に飾りたくなる小さなブーケ、鉢カバーなど、いろいろご用意してお待ちしております。

 vol.1の様子はこちら☞SENDAI KOFFEE CO.FBページ

f0148441_785735.jpg

 ◎8月28日(日)11:30~17:00
 「 夏の終わりのマーケット」
 
  <参加>
  labo1113花と雑貨
  kojimanbagleのベーグル
  buzz coffee serviceのミートボール
  Yoshioバリスタが淹れるコーヒー
  Cucuri自家製シロップのかき氷など。

  夏の締めくくりにユルく賑やかなマーケットを行います。
  どなたでもお気軽にお立ち寄り下さい。
 
  会場:喫茶・日用雑貨 Cucuri
      宮城県仙台市若林区穀町14
     [アクセス]
      地下鉄南北線・河原町駅、愛宕橋駅より徒歩7分
      地下鉄東西線・連坊駅より徒歩9分 
 
 ※駐車場はごさいませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。
  ※エコバックをご持参ください。

ここで出会った花や植物、雑貨etc.が日々のくらしの中でみなさまにとっての’笑顔の種’でありますように。

f0148441_1023825.jpg


皆さまにお会いできることを楽しみにお待ちしています♪

・・・・・
チルチンびと広場でlabo1113のページを更新致しました。
こちらでもイベントのことなどご紹介していただいていますので、是非ご覧くださいね。

[PR]
by nishimaggiefr | 2016-08-26 07:03 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

merci maman!

f0148441_1161587.jpg


母の日ギフト。今年もたくさんご用意させていただきました。
いつもどうもありがとうございます。
また来年どうぞ宜しくお願い致します!
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-05-08 11:19 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

イシー商店さんのツナギ

f0148441_10415962.jpg

長く愛用し楽しめる をコンセプトにユニセックスで着こなせる洋服、帽子、鞄、雑貨等、ほぼ一点モノでこっそり展開中のイシー商店さん。今はこっそりとではなく、広瀬通のガスサロンで出店されています♪

前の米ケ袋ラボの時に+Rとして参加されていたイシーさんと出会ったのですが、イシーさんのお話しも面白く、物語のある洋服作りやリノベーションの話題などで、感覚的なところで共有できものがある人だなぁと思っていたのですが、今回なんと!しばらく前から欲しかったツナギを作っていただきましたー!!!

「にしまぎさん身長いくつですか?作ってみようと思って....」とメールいただいてからが早かった!サロン出店にあわせて店内デコのご相談いただいて、ツナギもできたので是非見てくださいと言われて、すぐに駆け付けてみれば。あららら、これはもう、目キラキラ~ん☆彡
デコの打ち合わせしながら試着して。。。お行儀悪いことだけど、そのまま着て帰るという(笑)
(「洋服を新しく購入したら一晩タンスに寝かせてから着るもの」と言っていた母の言葉がかすかに脳裏をよぎったけれど、それは記憶の引き出しにちょっと仕舞って…)

ゆったりラフだけど、すっきりカッコいい!ヤッターマン系♪ 名付けてYTMツナギ!!!
そしてバックスタイルがなんと2way! 動きやすいようにと後ろのシャツ部分は切り離してin/outどちらでもOKなのだけど、秘密はサスペンダー!!!
あえて詳しくは書きませんが。。。とにかくイシーさんのこだわりが細部に施してあって、いや~、ほんとお見事!

イシーさんのお店のFBページにデコの様子とともにご紹介していただいています。
良かったらご覧くださいね☞イシー商店さん

こだわりの仕事されている方と話すと、良い刺激になりますね!
こういうワクワクを私も花やデコを通して発信していきたいな、と。お気に入りYTMツナギにエネルギーいただきました。
イシーさんどうもありがとうございました~♪

f0148441_10393173.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2016-05-08 10:51 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

Brasserie Tatsuyaaさんのシーズンデコ

f0148441_13532866.jpg
Brasserie Tatsuyaaさん (青葉区春日町法務局裏)

来月4月に2周年を迎えるそうです。
おめでとうございます!!

シーズン毎にさせて頂いている店内デコレーション、替えてまいりました。
さらに、森っぽくなりました。








[PR]
by nishimaggiefr | 2016-03-24 14:06 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

最近のデコ

仙台駅リニューアル企画「ヨリ未知SENDAI」
東北の様々な魅力を紹介するコンテンツが構内随所に設置されました。

そのうちの一つ。
3F新幹線中央改札口前、「牛たん・すし通り・ずんだ小径」の入り口付近には宮城の工芸品を紹介するブースができ、「宮城の食卓」というテーマで焼き物等の設置、コーディネイトをさせていただきました。

今回は堤焼の器と常盤紺型染のてぬぐいバージョンです。

木目の美しいナラ材をテーブルに見立て、飾るドライフラワーなどは主張しないように控えめに…、ご自宅で飾ったり、実際に食器として使う際のイメージを広げながらご覧いただくための、ちょっとした<アイディアのおすそわけ>をコンセプトとして作らせていただきました。

美しいなまこ釉の器、是非ご覧くださいね。

そして、常盤紺型染めの手拭いは十字やひし形花や蝶を描いた華やかな模様で、見れば見る程美しく、とてもモダンなデザインで目を引きます。

実はその後、名取屋染工場さんの手拭いを使わせていただいているのですが、柄の美しさだけではなく、生地の吸水力もよく、しなやか且つ頑丈で、今まで使っていた木綿の手拭いはなんだったんだろう!?と思うほどにその違いに驚きました。
自宅使いもいいですが、手土産としても喜ばれると思います。(なんといっても軽いし♪)
f0148441_16010036.jpg
(セッティング完了し、ヨリ未知企画担当でプロのカメラマンでもある多才な大河内さんが撮影されているところを横からパチリ。)

今回のコーディネイトについての打ち合わせの際に、大河内さんから構内の各ブースやコンテンツについてのこだわりや、東北の工芸品を沢山の方に知ってもらいたいというお気持ちを伺っていたので、実際に手に取りながらコーディネイトを考えているうちに、私もどんどん器に愛着がわいてきました。

2014年に手とてとテ のとこのまプロジェクトに参加させていただいたことがきっかけで、その後フェリシモさんと一緒に伝統工芸の手仕事により花器をつくる企画をさせていただき、又今回こうしてコーディネイトをさせていただく機会をいただき、人の手を繋いで守られてきた技術や美しさ、素晴らしいですね。伝統工芸、ますます興味がわいてきました。

ブースの中に、堤焼と常盤紺型染の説明も書かれていますので、こちらも合わせてどうぞご覧くださいね。

f0148441_15594219.jpg






[PR]
by nishimaggiefr | 2016-03-22 16:54 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)