ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

カテゴリ:musique( 50 )

10/29 taca/佐々木優樹ライブ

Al Niyat/アルニヤト

taca(Accordion)

佐々木優樹(Guitar)

フレンチジャズや民族音楽を中心に様々なジャンルを吸収した音楽性は、無国籍で情感溢れる音色。

アコースティックの美しい響きと、デュオとは思えない白熱した演奏をお楽しみください。

f0148441_21022703.jpg
1029()仙台"Jazz Meblues noLa”

18:00open/18:30start

予約3500yen (1D)当日4000yen(1D)

仙台市青葉区錦町1丁目5-1ノーバル・ビル1

TEL022-398-6088

予約受付:pticouro@gmail.com (ニシマギ)




taca(アコーディオン)

1977年岡山生まれ。9才でアコーディオンを始める。20才でイタリア留学、その後パリへ。クラシック・アコーディオンをFredericGuerouet、ジャズ・アコーディオンをDaniel MilleChristian TOUCAS、作曲をDaniel Goyoneの各氏に師事。2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方音楽院(コンセルバトワール)アコーディオン科を首席で修了。仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドービルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバル、アルバニアのティラナワールドミュージックフェスティバル(2016)などに参加。2007年のパリ・コレクションでは若手デザイナー前浜進作氏のショーのプレゼンテーションで演奏。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、映画音楽、ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。

2008年にアルバム『風の谷』でデビュー。『la route de la soie/silkroad project/taca(2009)Wind of Legend/taca-Wind of Legend(2012)、『LETTERS/taca(2013)、『IL CINEMA DELLA VITA/レラーブル』(2013),『とわのひかり/Aco+taca(2015),『幸道/レラーブル』(2016)をリリース。



佐々木優樹

中学時代にギターを始め、18歳の時、DjangoReinhardtCDを聴きJazzに傾倒。それ以前から聴いていたPost Rock, Electronica, Ambientなど様々な音楽を消化した音を、自然なものとして出せるようオリジナル曲を作曲、演奏活動をする。コーランやお経のような独特な発声の声と、より線的な意識に基づく音楽性は、中東、アフリカの民族音楽や、日本の雅楽にも通づる旋律や時間軸を持つ。

2012年「Godin」が開催する「Godin Player’s Competiion」にて「Godin特別賞」を受賞。リーダーを務める「Gipsy Vibs」では、オリジナルを含む5曲を収録したCDと、茶工房豊好園の品種茶十種とのコラボレーション商品「響十茶」を2013年に発売。「ふじのくに新商品セレクション」金賞、世界緑茶コンテスト 金賞受賞。

2014年、ファーストアルバム「Story」を発売。2016年より、さらに自己の民族性や音楽性に焦点を当てた「佐々木優樹 -ElectricZen」名義でソロ活動を開始する。




[PR]
by nishimaggiefr | 2017-10-07 21:41 | musique | Trackback | Comments(0)

2017/08/12 <夏の山に羽根~曽我大穂 solo>仙台公演

f0148441_17123579.jpg
f0148441_17124771.jpg
f0148441_17140751.jpg
f0148441_17135201.jpg

先日、曽我大穂さん(CINEMA dub MONKS/仕立て屋のサーカス) ソロライブの植物空間演出をさせていただきました。

共鳴する表現者とのコラボレーションは、いつも良い緊張感の中
五感を研ぎ澄ませ、ドキドキしながら挑むのだけれど
やはり何よりも心が躍る、ご褒美のようにいつでも嬉しいひと時

今回曽我さんから届いたテーマは「夏の山に羽根」

風にそよぐ野の草花、鬱蒼とした山々、錆びた鉄屑に絡みつく蔓植物、水田、夜に瞬く蛍など、、、
私なりにイメージを膨らませながら

もっと遠くへ、もっともっとさらに向こうへ

音の魔術師が自由自在に駆け巡る幻想世界へ
お客さま方とともにひと時旅をするように

真剣に、ワクワクと楽しんだ8月の幻


この夏最大の楽しみを終えて、今、
すこし寂しいけれど
再びご一緒させて頂けることを次の目標にして。。。

また日々 邁進


お忙しい中、ご来場くださったみなさま、
そして曽我さん、SK田村さん
ひと時この胸躍るような音楽会を共有してくださったみなさま

どうもありがとうございました


・・・・・・・・・・

以下、SENDAI KOFFEE CO. HPより
公演レビューです。

・・・・・・・・・・

今秋には現代サーカスグループ
”仕立て屋のサーカス”でのスペイン マドリッド公演を控え
いま勢いに乗る曽我大穂

今回は彼の主軸
CINEMA dub MONKSとしてではなく
曽我大穂 単体でのレア公演


即興の中で
大きな触発要素であったはずの
パートナーや
共演者のいないなか

彼がどのようなパフォーマンスを
魅せるのかが
たいへん興味深かった本仙台公演


花 空間演出家 西間木恵の
植物舞台装飾も
数度目のコラボレート

お互い多忙のなかの
打合せでも
少ないワードで
要求に応えていく

信頼関係が構築され
相性の良さも再認識されます


今回はskでは珍しく
カフェのど真ん中に曽我が立つ
円形ステージ

開演が近づくと
間接照明が
ひとつ
またひとつと落とされてゆきます

薄光のペンダントと
数個の小さなキャンドルが
唯一残された灯


そこに曽我大穂がひとり

毎回課せられる即興パフォーマンスでの
神経戦とプレッシャー


限られた音数と

植物の陰影で
挑んでゆきます



自身の状態や
会場の雰囲気を五感で
探ぐるような
短めの第一部


休憩をはさみ
第二部が開始されると
前半のイメージすら
裏切るような
展開
物語を紡ぎ出し

対する
オーディエンスは
それぞれの感性で
解釈していく知的作業

フルート 鉄琴
テープレコーダー
ウクレレ ピアニカ
ブルースハープ
アコーディオン
シンセサイザー
オモチャのような道具の数々

そして肉声
息遣い


エフェクトやループで
拡大され
縮小される
変幻のイメージ


ときにエネルギーの照射
ときに内省

そして
無になり
ただ感じるだけの瞬間


表現者と
受け手の双方で
想像力を働かせ享受するという

ひじょうに
芳醇で豊かな時間




☆曽我大穂( CINEMA dub MONKS /仕立て屋のサーカス)
Tour ”夏の山に羽根 ”仙台公演 8/12(土)
仙台 SENDAI KOFFEE
1830 /1930
前\2000 d別
花・空間演出 西間木恵
詳細 bit.ly/2uScZst

[PR]
by nishimaggiefr | 2017-08-14 18:38 | musique | Trackback | Comments(0)

2016/12/24 鳥越啓介ライブ

f0148441_1646321.jpg


またまたやってくれました 鳥越さん。
高まる期待の数段上を軽々と飛び越えて さらにマニアックなアレンジで観客を魅了しつつ ガハハハハハー♪と豪快に笑う爽やかさ。
満員御礼の会場は始終あたたかな至福の笑みで溢れていて、こちらもとても嬉しくなるほどでした。

そしてアンコール後も鳴り止まない拍手に応えて予定外に特別に即興で一曲 アンプラグドで「聖しこの夜」。
素敵過ぎます☆

この日 SKでしか味わえない至極のライブ、ご一緒してくださった皆さまありがとうございました。

またいつかご紹介させていただける時がありますように。。。
その時には今回残念ながらいらっしゃれなかった皆さまもご一緒にお楽しみいただけましたら嬉しいです。

・・・・・・・・・・・・・・
以下、SKHPより

近年
椎名林檎バンドとして抜擢
その実力が広く認知されつつある
鳥越啓介

国内最高峰のひとり
との呼び声も高い
コントラバシスト


クリスマスイブ仙台公演


アンサンブルのなかで
低音を支える
コントラバスのイメージ

彼の単独公演においては
その概念が根底から
覆されます


主旋律と
それに対するハーモニー
さらに打楽器音を
同時に鳴らすことを可能にする

考えられないほど
高次元な技術に
完全に目を奪われます


”バンドだと
ベースラインを弾いていればいいだけだから楽勝 笑”

そうファンを笑わせる
冗談とも本気ともつかない
MCも
鳥越啓介にとっては
至極当たり前のこと
かもしれないと
思わせる凄味


さらに
唸らせるのは
毎回毎回 確実に進化を
みせる音楽性

その創造的努力


ビッグネームとの仕事
そこで課されるハードル

数々の
緊迫した場面や
修羅場を超え

天賦の才が今
恐ろしいほど
研ぎ澄まされている

そうした感触を
この日の鳥越啓介から
受けます


録音物ではなく
できるなら
これこそ
生で体験すべき

そう推すことができる
稀有な音楽のひとつ




☆鳥越啓介ベースソロ ライブツアー仙台公演 12/24 (土)
仙台 SENDAI KOFFEE 18:30/19:00 前\3000 d別
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-12-25 16:50 | musique | Trackback | Comments(0)

12/24(土)鳥越啓介 solo live★

f0148441_14514980.jpg

<ライブ情報~♪>

ウッドベースの鳥越啓介さんは、もうすでにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、椎名林檎さんや原田知世さん、サックスのMaltaさん、などなど、もう名前を挙げるだけでも一晩かかってしましそうなほどたくさんの錚々たるミュージシャンのベースを担当され、記憶の新しいところでは、リオ・パラリンピック閉会式の引継式にてダンサー大前光市さんパフォーマンスでのベースソロ演奏も担当された、大人気のミュージシャン&作曲家です。

クラシック、ジャズ、ファンクからポップスも。。。いろいろジャンルを問わずに縦横無尽に駆け巡る、しなやかで強靭なウッドベースはまさに唯一無二。
音楽好きのマニアックな方々にも、音楽はあまりよくわからないけどいろいろ聴いてみたいなぁ~な方々にも、みなさんに大満足していただけるおすすめライブです★


<日時>
◎2016年12月24日(土)18:30 / 19:00~

<チケット>
◎3000yen +1drink 500yen
◎高校生以下1000yen+1drink 500yen

<会場>
SENDAI KOFFEE CO.

<お申込み>
予約受付ニシマギ:pticouro(a)gmail.com (a)☞@へ変えて送信してください。
□件名「12/24鳥越啓介ライブ」
□お名前
□人数
□連絡先tel

*チケット代金は当日受付にてご精算いただきます。



いろいろ鳥越さん情報が気になる方はこちらも是非ご覧ください。
鳥越さんblog
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-12-19 17:48 | musique | Trackback | Comments(0)

Marina Fages × EXPE LIVE!

(以下SENDAI KOFFEE CO.HPより)
f0148441_1641010.jpg
 
f0148441_164315.jpg

今回初来店
skでは2組目となる海外アーティスト
ブエノスアイレスの気鋭ssw
マリナ ファヘス
ジャパン ツアー仙台公演
日本の真裏から
来日したこの女性アーティスト
地元音楽マニアや
マリナ ファンには
サプライズのような
ブッキングでもあった本公演
オープニングはEXPE
のっけから
このギタリストのパフォーマンスが
度肝を抜きます
聴いたこともない
日本人離れしたタイム感と
音階スケール
ギターの限界や概念を
破壊するかのような
奏法とサウンドエフェクト
目を閉じると
どういう楽器でどんなふうに鳴らされているかが
皆目見当つかない
そんなパフォーマンス
小一時間のステージも
瞬く間の
完璧で圧巻だったEXPEの
直後登場する
マリナ ファヘス
なんと
この日の彼女
入店から
リハはおろか
ひとつの発声もせず
ケースからギターすら出さずに本番
我々バックステージの人間すら
このとき はじめて聴かされる
彼女の音
ジャックをつなぎ
ウォーミングアップをするかのように
サウンドを微調整しつつ
頼りなさげに
ギターインストルメンタルを2曲
3曲目
ようやく
そのギターに歌をのせはじめます
ここから
まるで一気にトップギアへ
シフトしたような破格

先に開催された
東京公演での前評判をもってしても
そのハードルを軽々と超える
異次元のパフォーマンス
”日本人アーティストとは
資質からして異なる”
そんなことを感じさせる得ない
有無をいわせぬ声質とレンジ
ヴォーカリング
リズムや感情移入
アレンジ
今回は
仙台のシーンでは
トップのひとりとも言われ
skでも度々登場の
フラワーアーティスト西間木恵によるステージ演出
大自然
パタゴニアがバックグラウンドにあるマリナに対し
彼女のもつ色彩や儚さ
揺らめきを
うまく装飾意図に
組み入れたコラボレーション
さらに
小松音響研究所のサウンドシステム
真空管アンプでの
温もりとやわらかさと
立体感ある音作りという
なんとも贅沢な三位一体での
ライブパフォーマンス
終演後も
感嘆の溜息が
そこかしこの
大成功で締めくくれた
日本ツアーファイナル仙台公演

☆10/18(火)マリナ ファヘス ジャパンツアー仙台公演
w/EXPE 西間木恵(植物)
仙台 SENDAI KOFFEE
18:30/19:00
前¥3000 d別
f0148441_1633575.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2016-10-22 17:16 | musique | Trackback | Comments(0)

10/18 Marina Fages Live!

アルゼンチン, ブエノス・アイレス生まれの音楽家/画家
Marina Fages まさかの来仙ライブ♫

万華鏡のような多彩な歌声がとっても魅力的なマリナさんと、ユニークな音楽性とギター演奏で様々なジャンルのミュージシャンやDJ、音楽愛好家から多大な信望を寄せられているギタリストEXPEさんとの共演!

どれほど、面白そうなライブかということをどうしたら伝えられるだろうか思いあまねいているのですが、ライブを観ていただくしか伝わらないんですよね~。(ライブならではの魅力は音楽好きの方にはわかって頂けるとおもうのだけど。。。)
とにかくとても楽しみです!

どうぞお見逃しなく!
(この情報が音楽好きの方々に届きますように★是非シェア宜しくお願いします。)

<SENDAI> 
LIVE MARINA FAGES
    EXPE

FLOWER DECOR MEGUMI NISHIMAGI

BGM SELECT SUZUKISS

◎2016/10/18(火)
 open 18:30 / start 19:00
 ADV 3000yen+D500yen / DOOR 3500yen+D500yen

@SENDAI KOFFEE CO. ☞map

予約☞nuexpe@gmail.com
 ◎件名「マリナ・ファヘス仙台公演」
 ◎名前
 ◎人数


最新Official MV Barrio Infinito

[PR]
by nishimaggiefr | 2016-10-09 11:58 | musique | Trackback | Comments(0)

コラボデコ「10/18Marina Fages仙台ライブ」

10/18(tue)
アルゼンチンの歌姫 Marina Fages来日ツアー
仙台公演で少しデコすることになりました。

知れば知るほど楽しみでゾクゾクしてきます。


9/18より予約受付開始しました!
是非!!!
☞nuexpe@gmail.com
★10/18マリナファヘス仙台公演/名前/人数をご記入下さい★



・・・・・・・・・・・・

f0148441_14165774.jpg

地球の裏側ブエノスアイレスより先鋭的な女性アーティストとして人気の高いマリナ・ファヘス初来日!

甘くエモーショナルなロリータボイスとつまびくチャランゴ・ギターで聴く者を瞬く間に魅了する次世代フォルクローレの魔法使いMarina Fages。

優美で個性的な音楽活動の他にも現代美術やファッション、アート集団を率いるなど、そのカリスマ性はかのフェルナンド・カブサッキ(G)も惚れ込み本国では専属ギタリストを担当する程。

ファナ・モリーナとよく比較される彼女だが、よりナチュラルでオーガニックな世界観は、彼女が育ったパタゴニアの深い大自然を想起させる。
また彼女の描く絵画も音楽同様に幻想的。

オープニングアクトに南米ツアーでの共演歴もある独創的ギタリストEXPEによる幾何学的な宇宙音響体験ライブ、

さらにフラワーデコレーター西間木 恵による花と植物でライブ空間を彩るスペシャルな演出、

このコンサートには今どき珍しい高級な全段真空管式アンプを使った音響システムを使用し、はじめて聴く方でも必ず音の違いに驚かれ、心地よく音酔いする不思議な音の体感をしていただけます。

またとないこのスペシャルな仙台の一夜とマリナファヘスの初来日を共に祝い乾杯しましょう☆☆☆


LIVE:
Marina Fages(from Argentina)
EXPE

FLOWER DECOLATION:
Megumi Nishimagi

BGM SELECT:
SUZUKISS

SOUND SYSTEM:
小松音響研究所Expecial System


at SENDAI KOFFEE CO.
仙台市青葉区春日町4-25 パストラルハイム春日町1F
TEL 022-224-7403

OPEN 18:30
START 19:00

前売 3000yen
当日 3500yen
drink代別

予約受付(9/18より受付開始 限定50名)
nuexpe@gmail.com
〈10/18マリナファヘス仙台公演/名前/人数をご記入下さい〉




f0148441_14172822.jpg

Marina Fages

1983年ブエノス・アイレス生まれの音楽家/画家。
2013年1stアルバム Madera Metalをリリース。アルゼンチンを代表する若き音楽家のひとり。
2015年2ndアルバムDibujo De Rayoをリリースし、6ヶ月に渡る欧州ツアーを成功させた。
絵描きとしては、ヨーロッパ、アルゼンチンで展覧会に参加。
ブエノスアイレスのアーティスト集団 MARDER の創立メンバーでもあり、音楽~ビジュアル~パフォーマンス分野における即興をベースにしたアートホールを設立したり、友人ら仲間と「Mercurio」 というレコードショップを運営するなど、その創造力やエネルギーには驚かされるばかりである。




f0148441_14174611.jpg

EXPE

大阪出身。ユニークな音楽性とギター演奏で、EXPE、NUTRON、PARAなど多数のアルバムをリリース。
N.Y.ヒップホップカルチャーの伝説ラメルジー、J-POPシンガーACOの実験的名盤”irony(2003)”などのレコーディングセッション等に 参加する他、山本精一との数学的グルーヴユニットPARA、BOREDOMS、Vermilionsands、再結成EP-4のギタリストとしてオファー がかかるなど、知る人ぞ知る伝説のギタリスト。
国内外を地道にツアー活動を続け、南米ツアーでは共演したMono Fontana、Marcos Suzanoらが絶賛した独特でユニークな音楽性は、ミュージシャンやDJなど音楽愛好家から多大な信望を寄せられている。



f0148441_1418561.jpg

Megumi Nishimagi

フラワーデコレーター、植物空間演出家。
幼いころから植物を使った造形に親しむ。2005年より渡仏し、約5年間パリのトップフルーリストのもとで修業。その後ふるさと仙台に拠点を移し、花を通じて人と人をつなぐ活動やイベントをはじめ、フラワーレッスンや店舗のディスプレイ、アーティストとのコラボなど多方面で活躍中。


・・・・・・・・・・・・
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-09-22 11:45 | musique | Trackback | Comments(0)

光による音楽会 渡辺敬之×曽我大穂

照明作家 渡辺敬之さんが作る、光と闇、映像に、一本の映画のような音楽を付けて行く。。。
映像、照明、光を、主とした音楽会。

現代サーカスグループ仕立て屋のサーカスや蓮沼執太フィル、中納良惠(エゴラッピン)、他、CMや映画などでも活躍し、大注目の天才照明作家 渡辺敬之さんと、仕立て屋のサーカスや物語のある音楽を手掛けるマルチ奏者 CINEMA dub MONKS曽我大穂さんによる音楽会。

私も少し、植物で参加します。


8/23(火)
SENDAI KOFFEE
19:00/19:30
¥2,000(d別)
予約 022-224-7403


f0148441_1605468.jpg

(写真は去年デコさせていただいたCINEMA dub MONKS SK live)
[PR]
by nishimaggiefr | 2016-08-17 16:04 | musique | Trackback | Comments(0)

L'erable 仙台ライブ

さて、ファンの皆様お待たせしました!
久し振りのL'erable仙台ライブ!!
8月12日(金)Newアルバムを携えてやってきます!

是非お友達も誘っていらしてくださいね♪

////////////////////////////////

L'erable (レラーブル)

taca(アコーディオン)
鳥越啓介(コントラバス)

2011年の夏に結成。
ユニット名の由来は風を操る楽器のアコーディオン、木の楽器のコントラバス、木偏に風で楓のフランス語から。
やさしいバラードの曲からアップテンポの激しい曲まで、ジャンルも幅広く聴衆を魅了している。
2013年夏に1st album"IL CINEMA DELLA VITA"をリリース。
http://clearwater-ent.com/lerable
f0148441_1735818.jpg




<2016年8月12日(金)>
"Jazz Me blues noLa"with 相川瞳(percussisons)
◎19:00open/19:30start
◎予約3500yen (1D付)

◎会場:Jazz Me blues noLa
仙台市青葉区錦町1丁目5-1ノーバル・ビル1階
TEL022-398-6088

◎予約受付:pticouro@@gmail.com (ニシマギ)※@を一つにしてメールしてください。
件名:「レラーブル ライブ予約」
お名前(ふりがな)
ご予約枚数
ご連絡先Tel

※pticouro(a)gmail.comを受信できるように、設定をお願いします。
※3日経ってもメールが届かない場合、再度ご連絡ください。


では皆さま、会場でお会いしましょう!
お待ちしております。


[PR]
by nishimaggiefr | 2016-07-25 10:47 | musique | Trackback | Comments(0)

音楽と本とコーヒー、そして花

4/17 sugar me acoustic live 'AROUND the CORNER'
@stock books & coffee

会場に花植物をしつらえさせていただきました。
stock吉岡さんが写真を送ってくださったので、みなさまにも雰囲気のおすそ分けを…

f0148441_044878.jpg

f0148441_051157.jpg


透明感のある歌声は、まるで天使が舞い降りてきたよう。
あたたかな光に包まれたひと時でした。

さまざまな思いを胸に、祈るような気持で彼女の音楽に心を委ねて聴きました。

liveでないと伝わらないものって、とてもたくさんあるなぁと感じながら。

音楽と本とコーヒー、そして花
今、この一瞬をご一緒させて頂けたことに心からの感謝を込めて。

sugar me 寺岡歩美さん、stock 吉岡ご夫妻、素敵な機会を頂きどうもありがとうございました。


f0148441_053112.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2016-04-19 00:41 | musique | Trackback | Comments(0)