ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

気になってしょうがない。。。

その昔、ずーーーと昔。10年位前か?それかもっと前かもしれない。
衛星放送で「華麗なる世界のフラワーアーティスト」(多分そんな感じのタイトルだったと思う)、という番組を見たことがあった。3夜に亘り、3人のアーティストが紹介され、一夜目は見逃し、2夜目にベルギーかオランダのアーティストが紹介され、3夜目にフランスのアーティストが紹介された。で、その2日目のアーテイストの名が知りたくて、時を見てはネットでいろいろ検索してみるのだけど、それらしきものがヒットしない。どなたか知ってる方いないかしら?

その気になるアーティストの作品は、ザルツブルグの音楽堂での「モーツアルト生誕記念コンサート」の為の装花で、カスミソウで作った「巨大な雫」を、荘厳な音楽堂の天井から左右に何本も吊り下げたもの。カスミソウに対するもじゃもじゃしたイメージを覆すような、エレガントで品のあるすばらしい作品で、未だにそれを見たときの衝撃が忘れられない。
あれは誰だったんだろう?
ベルギーのフラワーアーティストで検索して出てくるのはダニエル・オスト氏ばかり。でも、当時すでに梅若能楽堂で彼のデモンストレーションを見ていたから、もし彼だったら私はすぐに記憶にとどめただろうし。。。でもベルギー人かどうかも定かではない。その人の姿といえば、土の仕事をきちんと知っている花職人といった、とても素朴な風貌だった。もちろん男性。

あ、そうそうそういえば、話は飛躍するけど、いつも帰宅途中に寄るアート系が豊富な本屋で、オスト氏の写真集を見つけた。花の建築家の異名を持つ彼の作品を久しぶりに見て、やっぱり圧倒され、血が騒いだ。今お世話になっているステファンのノエルのデコレーションを見ても思うのだけど、その誰や彼やに簡単に真似できるものではない、花屋のイメージを超えたダイナミックな仕事ぶりは、まさに空間を演出し、独特の世界を創り上げる演劇空間ととても類似している。。。最近観た演劇やダンスを振り返りながら、そんなことを考えていたら、芝居の演出をしたり、衣装デザイン、プロデュースをしている、実の姉ではないけれど、長年姉と慕っている友人からの久々のメールの中で、いつかマギーの花で舞台を創りたいねとの一文が。これはあくまでも夢のまた夢の話で何の現実味もなく、彼女自身メールの中で「ものすごい直感なので、ゆるく聞いてね)」と括弧書きしている程度の話(笑)だけど、それでもなんとなく、これはいつかしたいことの一つとして新たな目標が持てた。
そして、最近のモジャモジャしていた気持ちに空気穴が一つあいた。

で、話は戻りますが、先に書いた音楽堂を飾ったフルーリストのこと心当たりある方いらしたら是非ご連絡ください。気になって仕方がないんです。。。
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-26 19:18 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

アコーディオニストtacaくん

「どうも、どうもtacaですぅ~」といつも気さくに連絡をくれるtaca君はパリを拠点にヨーロッパ各地でライブ、舞踏やコンテンポラリーダンスとのコラボだったりと大活躍のアコーディオニスト。そして尊敬する友人の一人。
さて、12月10日いよいよ彼の全曲オリジナル(taca君作曲)のCD「風の谷」が発売されます!パチパチパチっ!いやぁ本当に嬉しい知らせだし、とにかくどの曲もいいっ!jazz、ブラジル音楽やタンゴなどの要素も綴り織りされた彼の独特の世界で奏でるメロディはいつまでも身近で流れていて欲しいほど心地のいいものです。

アマゾンで先行予約、iTunes storeで配信中です。全8曲からなるこのCD必聴ですよ!
またCDの売上の一部はRainforest foundation Japonへ寄付するそうですので、どうぞご協力くださいね。
詳しくはmyspacetacashimizu
またはtaca君ブログ へ!
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-23 05:50 | musique | Trackback | Comments(0)

paris photo ふふふ♪

carrousel du Louvreで開催されていたparis photoに行ってきました。
そして出版社の方から連絡頂いた通り、ありました!
小山登美夫ギャラリーのブースにハルコさんの写真集 !

おまけに、昨日いらしたお客さんに作った、白いラナンキュラスの花束、偶然にあるドイツのギャラリーのブースで発見!不思議と分かるものですね、自分で作ったものって。
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-17 04:50 | art/photo | Trackback | Comments(0)

まだ写真はないけれど。。。

まだ写真はないけれど、ただ今ブティック内大改造中。
去年のノエルは真っ赤か。そしてその後店内の壁はオレンジ色になってましたが、今年は何と黄金!ゴールドです☆切れたままになっていたスポットライトの類も、本日リュックとオリビエがバシッと交換、しかもリュックがウィンドウをピッカピカに磨いたので光が反射し眩し過ぎるほどです。(笑) そして女の子達は壁と什器関係を金色ギラギラに塗っておりました。
アニーと私は花係。月曜日に納品するブーケに加え、明日納品分のものも、タッタカ、タッタカ、モクモクとと制作。
夕方カンパーニュのおうちからボスとジェロームがトラックにたくさんのノエルの飾りを積んで帰ってきました。すでにムッシュCはテンション高め。(笑)明日はブティックは閉め、みんなで模様替えを完了させる予定。いよいよノエル準備が本格的に始まります☆
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-11 05:41 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

光の音

f0148441_6221395.jpg
                                   (c)HarukoNakamura

私はこの方に恋をしてやまない。写真家として一人の女性として、妻として母として。。。私は生涯この方を指針に生きていくでしょう。だからこそ大切な友達に彼女の魅力を伝えたくて、また感動を分かち合いたくて仕方がない。

今年8月に発売された中村ハルコさんの待望の写真集がいろいろ手違いがあったものの、本日ようやく私の元に無事に届きました!丁度、是非ハルコさんの写真を見て欲しいと思っていた友人の一人、ダンサーRちゃんのお家に遊びに行くところだったので、開封せずそのまま持参。
お腹に新しい生命を宿したばかりの友人は、きっと私とはまた違った視点でハルコさんの自己出産記録写真「海からの贈り物」を見たことでしょう。

家に戻り、再び、しみじみと写真集をめくる。
ハルコさんの声を、光を、風を感じながら。
この奇跡的な出会いに感謝しつつ。。。

荒木経惟氏絶賛のハルコさんの写真集の詳細はこちら:Formare la luce
小山登美夫氏のTKG Daikanyamaにて11月7日(金)から12月上旬までハルコさんの個展があります!詳細は同じく上記サイトをご覧ください。

そう、もうすぐパリフォト!もしかしたらもしかする!?という情報に今心躍らせてます。
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-06 07:24 | art/photo | Trackback | Comments(0)

HIPHOP観に行きませんか?

と、意外なお誘いをいただいて観た、若手振り付け家&ダンサーKader Attouの
'petites histoires.com'は私の想像を遥かに超えた、思い出すだけでヨダレが出そうになるほど(って表現としてふさわしくないかもしれないけれど。笑)とにかく魅力的なスペクタクルでした。
f0148441_6363877.jpg

5人のダンサーの身体能力の素晴らしさ、美しさに当然ながら目は釘付けに。そしてダンスと小道具の組み合わせの愉快さ、ハッと驚くような瞬間の度に完全に心は奪われ、気が付けばついつい前のめりに。。。
テーマは幼少時代の思い出。男の子らしいヤンチャさや笑いを所々に散りばめた、観客を楽しませる心意気と息を呑むようなアクロバティックな動きは、超絶品!そして全体を上手にまとめた芯のある構成力にHIPHOPを超えた舞台表現としての魅力を。またテーマを支えるシンプルながらも効果的に使われる舞台装置。グレーやブルー系でまとめられた衣装のセンスの良さ、照明の的確な効果。音楽もバッハなどの古典から「アメリ」で使われたようなあの少しノスタルジックな旋律、そしてジャズっぽいものまで、いろいろな時代&ジャンルながらも無理なく構成されるなど、全てにおいて丁寧に作られた印象で、全体を通して感じるセンスの良さは観ていてとても気持ちのいいものでした。
帰路につきながら、もう一度観たいなぁ~とフツフツ熱くなっていたところに素晴らしいタイミングで友人から「今日のダンスどうだった?」とTELが。今観てきたばかりの彼らの魅力を話しているうちに、更に観たい衝動に駆られ、結局、翌日もう一度同じステージを友人と共に観に行くことに!
同じ作品を2度見る楽しみを満喫し、そして最後にはやっぱりもう一度観たいという気持ちに駆られた。。。そう、どこか、フィリップ・ジャンティの舞台を初めて観た時のワクワクするような衝撃を思い出す、私にとって飛び切りの一作品となりました。私、しばらくKader Attouと仲間達が気になってしょうがないでしょう☆
ほーんとかっこよかった!(笑)
KaderAttou
ここでAttouの過去の作品の一部を見ることができます。
'petites histoires.com'のDVD欲しいのに、注文のページに飛べない。
。。。あれ?

そうそう、2009年にはアジアツアーもあるみたいですね。日本にも行くといいなぁ。きっと興行的にも成功する作品だと思うのだけど。。。
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-11-04 09:22 | cinema/theatre | Trackback | Comments(2)