ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たまには花の写真でも

月曜日、アニー隊長の指示の下、みんなでブティックの模様替えをした。
彼女と私のコラボで作ったヴィトゥリンを見たボスがアニーを大絶賛。
そしたらアニーは「ma petite mgと一緒にしたのよ」と言い換えてくれた。
そんな小さな一言でも、私は嬉しくなっちゃうんだなぁ~♪
f0148441_9345536.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-25 09:36 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

本日のレッスン

「22名のフランス人男性が来るのよ!これはmgが行きなさい!」とアニー。何のことかと思ったらボスがある企業の体験クラスに向けてブーケ作りのレッスンをするため、そのアシスタントに誰を連れて行くか?という話でした。そう、あくまでも仕事の話。何はともあれ、ボスのレッスンを見れるのは私も楽しみなので、喜んで一緒にトラックに乗り込み、会場に到着。しかし、あれっ?ぐるりと見渡してみてもおばちゃんばっかり。。。「男がいないね」とボスと顔を見合わせお互いちょっとがっかり(笑)。でも「ま、しょうがない」と気を取り直して、数種類の花材をそれぞれ人数分に分けて、いざ、レッスンの始まり始まり~。
現在のパリの花やランジス(生花市場)事情、花材によっての生産地の特色などの話を織り込みつつ、慣れた様子でレッスンを進める我がボス。しばしば日本から来た方にお花のレッスンや、デモンストレーションをしているので、それは見慣れた姿だけど、あれ?どこか変??
そう、相手は日本人のマダムではなく、生粋のフランス女性たち。話聞かない、聞かない。お隣さんとお喋りしながら、勝手に始めちゃってます。ボスが言った花束を作る際の注意点にうなづきながらも、さすがおば様方、お互いフォローし、教え合いつつでもやっぱりマイペース。そしてある人は、お隣のテーブルまで出向き、勝手に人のお花を取って来て、笑顔で「もらっちゃった♪」なんて言ってるけどえーーー?いいんですかそんなこと。。。
それでも皆さん真剣にブーケ作りをしていました。が、出来上がりといえば、あのぉーーーちょっとは見本参考にしてくださーい!!!といいたくなるような個性的な物ばかり。いくら個性を尊重する国だとはいえ・・・・
いやいや、ま、楽しまれたのなら、良いとしましょう。
終了後、迎えに来たオリヴィエの運転するトラックに乗り込んで、二人で顔を見合わせ、「ひどかったねー!(笑)」と。常々「日本人は本当に礼儀正しいから、気持ちよく仕事が出来る」と言っていた意味が、本日のレッスンを通して私にもよくわかりました。これも貴重な体験。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-25 09:08 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

世界に広がる友達の輪!

私が物心着いた頃からTVでは毎日タモリが「世界に広げよう友達の輪!」と頭上に輪を作って見せてくれていた。それはオートマティックに脳裏に刻まれた言葉でしかなかったけれど、今回パリ友ミュージシャン前田君の日本&韓国ツアーにともない日本各地にいる友人知人とメールのやり取りをしている中で、パリで私が楽しんでいる音を空間を越えて日本でも聴いてもらえる喜び、そしてそれを分かち合える友人達の存在を通して、改めてこの言葉の深みを感じていた。
そして昨晩私自身はは平田よーこさんの言葉をうたうバンド'あなんじゅぱす'のパリライブへ。
このバンドとの出会いはパリに来てまだ間もない頃、仙台で舞台照明をする友人から紹介され、セーヌの船上ライブに行ったのが始まり。その時のよーこさんの全身で音とことばを操る姿、そしてそこに命をそそぐ歌声とピアノ、またパリで活躍するハモニカ吹き美土くんの活き活きとしたのびやかなエネルギー、演奏を楽しんでいる姿、そして詩を通して感じる言葉の美しさにすっかり魅了されて、すっかり彼らのファンに。それから機会あるごとにライブに行くようになったある時、仙台の劇団の音楽と音響を担当されているちゃんもつさんとよーこさんとのつながりを知り…異国の地にて、馴染み深い名を耳にする喜び、人脈マジック。そしてまた、ちゃんもつさんが今回前田君のライブの音響を担当してくださっているこのご縁。
数年前に私にあなんじゅぱすを紹介してくれた友人に昨晩ライブに行ってきた旨伝えると、「友達の友達はみな友達だ。世界に広げよう~ト・モ・ダ・チの~輪!! って、あったけど。全くその通りですね~。 」とお返事が。。。ふふふ。まさに同じこと考えてました。
前田君達の仙台ライブはいよいよ24日、25日。私が愛してやまない仙台の友人達が彼ののライブを楽しんでくれるといいなと、心から願っています。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-24 06:00 | musique | Trackback | Comments(0)

春が来た♪

店の前に見慣れた赤いトラックが。。。むむむ?まさかっ!と思って店に入ってみれば、やっぱり!!!待ってましたクリストフ!3m以上はある水木をもって登場です。
彼はパリの花屋を支えるフイヤジスト(葉ものや枝もの専門家)。いつも赤いトラックで、野生的かつ美しく、しかも持ちの良い、種類豊富な季節の葉物を届けてくれるのですが、10月末からは冬季休業していました。彼の葉ものの美しさとダイナミックさは格別で、同じくクリストフファンのアニーといつになったら来るかなぁ?と待ちわびていたところです。
わーーーーい!いよいよ春が来た♪♪♪
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-20 05:36 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

パリ時間午前8時の空

休日の朝。
いつもどおり7時に鳥の鳴き声で目覚める。
したいこと沢山あるから、さっぱりと潔く起きて、ヴェルガモットの香りのロイヤルミルクティを入れて、一息。ふと日本の友人に電話してみた。
2年振りに聴く懐かしい声。
そのとき窓から見えた空はこんな感じ。
f0148441_82729.jpg

f0148441_839745.jpg

パリの春はまだ遠い。。。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-11 08:16 | Trackback | Comments(0)

日曜日は市場の日

いつもリンゴを買う店は、5-6類のリンゴと数種類の洋ナシ、アンディーブとジャガイモを4種類ほどだけを扱う専門店。ジャガイモが欲しいといえば、何かいい?と聞かれますが、男爵とメークインしか知らずに育った私にジャガイモの種類は分からないので、例えば、スープを作るのなどと、使用目的をいえば、それならヴィクトリアね、などと、マダムがキビキビと選んでくれます。
そして本日、ちょっと酸味のあるリンゴが欲しいといったところ、それならこれよと渡されたものは、私がこの店に通うようになってからずーーーーーっと梨だと思い込んでいたものでした。
カーキー色でずんぐりとした姿はまさしく幸水そのもの。まさかそれがリンゴだったなんて…
家に帰りそそくさと味を確かめてみれば。。。おぉまさしくリンゴ!
つくづく外見で中身は分からないものだなぁと、目からうろこが落ちた日曜日。
f0148441_628696.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-08 05:08 | bon appétit | Trackback | Comments(0)

思いがけない一日の始まり

担当しているブティックへのお届けがあり、配達のトラックに乗って朝一でカンボン通りへ。今朝はあいにくの雪降りでしたから、花に雪が付いて、雫で花びらが痛まないように細心の注意を払っいながら。。。
セキュリティの厳しいこのブティックではお花を飾る部屋へ行くにも、部屋の鍵を開けてもらい、セッティング完了するまで、常に担当者の管理の下行います。一滴たりとも水を落とすことを憚れるここに来ることは、とても緊張するけれど、同時に至極の時。
その後、いくつかのお届けを手伝うとこに。すると、思いがけず某有名ブランドのアトリエへ連れて行ってもらえました。そこへのお花は作ったことはあっても、その現場を見るのは初めてで、しかも、そのブランドの新作が多数展示されたshowroom!以前ルーヴル装飾美術館で彼の作品展示を見たときの興奮が再び蘇り、好奇心は抑えようにも膨れ上がる一方。きっと目はいつも以上に大きくなっていたことでしょう。ほんの数分のことでしたがあまりに楽しかったので、また配達する時連れてきてね☆とお願いしたほど(笑)そして店へ戻ってからモード好きのアニーにその話をしたら、「私も行きたい!次は私を連れてって!」と。
アーティスト達のの壮大なイマジネーションに刺激された、一日の始まりでした。
f0148441_8263661.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-03 08:02 | Trackback | Comments(0)

雪の降る街

f0148441_4565944.jpg

ちこくするーーーっ!
しかも今日は月初めのだからナヴィゴ(スイカみたいなもの)もチャージしなきゃいけないのに!
こんな時に限って、セーターを前後逆に着そうになったり、急いでアパルトマンを出てみれば。。。わぁっ!目が点に!路上に駐車しているオープンカーもポンコツ車も、バイクも真っ白。うねる自転車のタイヤ跡。そして重なる多数の足跡。
しんしんと、音を飲み込むように降り積もる心寂しい北国の雪とも異なる、雪なれしていない石畳に積もる2月の雪。
この街の大半の人が地震を体験したことがないように、多国籍の人々が暮らすこの国にはきっと雪を初めて見た人もいるに違いない。そう思ったら、寒さを忘れ、ちょっとウキウキしてきた。
写真撮ろう☆とバッグの底に手を伸ばしたが。。。そうそう、急がねば!
滑らないようにそろそろと歩きながらも、心持ち急ぎ足。
またあらたな一週間のはじまりはじまり~
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-02-03 05:20 | Trackback | Comments(0)