ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

行きは1時間15分。帰りは30分!?

f0148441_7501419.jpg
        ( ↑ センダックのいたずらマックスっみーつけた☆)

戻りましたー。デュッセルドルフは素朴で落ち着いていて、緑も多く、どこか私の故郷仙台に似た雰囲気があって、なんだろうこの感覚…初めての街なのに懐かしいような、緊張感がまるでない見知らぬ街でした。しかもなんて清潔なの!街にゴミ一つ落ちていないのですから!ラテン系とゲルマン系の違いでしょうか?そして街の人が皆とても親切!日本人在住者が多い街だそうですが、それもなんとなく納得。
そして期待していたバームクーヘンが驚くほど美味しくなかったことにはびっくり!というより、ショックでした!一緒に行った友人Aちゃんに「美味しい?まぁまぁ?」と聞かれ、返事の言葉を失っていると「どちらかというと不味い?」と言うので、大きく首を立てに振ったほど。(笑) バームクーヘンはフランスにはないので、もうしばらく我慢して、日本に戻ったときの楽しみにすることにします。とはいえ、ドイツ最大級といわれる蚤の市にも行き、あれやこれや気に入ったものや、ノエルのデコレーションで使えそうなものも見つけたし、ソーセージ&ビールの美味しさは格別だし、物価もパリより比べて安いので好印象な旅行となりました☆

さて、この小旅行。行きも帰りもエール・フランスでしたが、あれ?帰りの飛行時間は30分!?えっ???この45分の差は何?いったい機長に何が起きたのかは知りませんが、ま、フランス人のこういう潔さはいいなぁ。(笑)
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-25 20:29 | voyage | Trackback | Comments(0)

ガイコツ

そう、今回のデュッセルドルフ小旅行のメインイベントはダンサー金井圭介さんと留美ちゃんのコラボ作品「ガイコツ」を観ること!お二人のパリのお宅にお邪魔した時に壁に貼ってあったポスターを見てから、ずーーーと見たいと思っていた作品なのです。

f0148441_18582664.jpg

会場は街の中心地からライン川を渡った岸の向こう。地図を見ながらたどり着いたグロリア・ホールのエントランスにはすでにたくさんのお客さんがビールを片手に談笑しつつ開場を待っている様子。この雰囲気ある空間!!!さらに期待が高まります。

f0148441_18571284.jpg

かぶり付きで見た「ガイコツ」。おもしろかったーーーー!舞台は白いスクリーンが一枚。そこに映し出される神秘的で映像的な光と影。一体どうやってるの?と想像を掻き立てられるのも、とことん知り尽くした身体と知恵から生み出された面白さなのでしょう。圭介さん凄い!! こういう、詩的な舞台を観れた後に感じる満足感。たまりませんね。感動に言語表現が追いつかない私はこういうときジレンマを感じますが、ま、「百閒は一見に如かず」。是非機会があったら実際に観て頂きたいです。今回は赤ちゃんと一緒にお留守番している留美ちゃんに代わってベルリンで活躍されているバレリーナ針山愛美さんが華麗な姿を見せてくださいました。久しぶりに女性の体のラインの美しさに惚れ惚れしたほどです。でもまた留美ちゃんだったら違った雰囲気なのでしょうね。それも見たいなぁ。オリジナルメンバーでの再演、今から楽しみにしてますね!
圭介さん素晴らしいひと時をどうもありがとうございました!
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-25 19:18 | cinéma/théâtre | Trackback | Comments(4)

グロリアホール

f0148441_623592.jpg
さて、このグロリアホール。元体育館だったのかな?と思うような空間で天井は高く、木製で、石壁はちょっと崩れていたり、と時を感じる佇まい。写真では分かりづらいけど、古い革の跳び箱がベンチやローテーブル代わりになっていてすっごく素敵!!(これ欲しいーーー!)。鞍馬もさりげなく置いてあったり、とにかくとても趣があってかっこいい☆
f0148441_6241932.jpg
壁には数人のフォトグラファーの作品が飾られていたり。劇場としてだけでなく、ギャラリーとしても利用されているのでしょうね。 
うん、ホントいいなー、この飾らない感じ。
f0148441_6244094.jpg

でもこのホールは今回のフェスティバル終了後にとり壊されるそう。
うーーーん。残念。すっごくいい雰囲気なのになぁ。。。こういう空間は新しく作ろうとしても作れないのに。。。あぁ~ぁ。。。ホント残念!
f0148441_6555810.jpg

開場もほら、こんなにかっこいいのに・・・壊しちゃうなんて信じられないッ!
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-25 19:16 | voyage | Trackback | Comments(0)

さすがビール大国

デュッセルドルフの地ビールはアルトビール。青いラベルの壜(↓)がそれ。そしてそれぞれブラッスリー独自のビールもあって、席についたとたんにビールが運ばれてくる。お替りは椀子ビール状態(笑)。ビールも変わればグラスも違う。ビール三昧の3日間。「女がビールを飲むのはセクシィじゃない」と眉をしかめる元同僚のリュックがこの姿をみたら、どんなに嘆くことやら…笑。街行く人々のタプタプのお腹も気になるところだけど、ま、いいや。その土地の美味しいものを堪能するのも旅の醍醐味。
ふぅ~おいしかったーーー☆

f0148441_17412896.jpgf0148441_1742479.jpg
f0148441_17514682.jpg  f0148441_17434521.jpg

f0148441_17442612.jpgf0148441_17464325.jpg
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-25 18:18 | voyage | Trackback | Comments(0)

行ける時には行っておこう

f0148441_234137.jpgということで、明日から
フォトグラファーAちゃんとちょこっと旅に行ってきます。
ダンサー金井圭介さんがデュッセルドルフで公演すると聞いたのはこの夏休み。奥さんの留美ちゃんと生まれたてのみのちゃんに会いに行ったときに聞いて、ふつふつとデュッセルドルフに思いを馳せてました。
実はこの街、10年程前から気になってたんです。仙台のギャラリーで出逢った画家の小林ユキちゃんと初めて言葉を交わしたその日に、その頃好きだった奈良美智さんの話で盛り上がり、当時奈良さんが住んでいたこともあって、街の名前だけはよく話題に上ってたのです。なので一方的に馴染み深いものを感じていたのですが。。。
ドイツのどこに位置するかは知らなかった。。。(汗)
ストラスブールの右側にライン川が流れていることも知らなかったし、その川をグングン上っていけば着くなんて!パリのシャルル・ド・ゴール空港から飛行機で1時間15分。仙台から大阪ぐらいの距離?
初ドイツ☆巨人が多そうだから、つぶされないように気をつけなきゃ。ドイツに行ったことのある友人達が口々に「ビールとソーセージが美味い!!!」と言うのですから、もちろん堪能して来なければ☆
さ、蚤の市のこととか美術館のこととかバームクーヘンの美味しい店とか…いろいろ下調べして、準備万端にして、防寒もちゃんとして・・・・カメラの充電もちゃんとして!久々の旅。楽しんできまーす。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-17 23:38 | voyage | Trackback | Comments(2)

好きこそ物の上手なれ

日々たくさんの人々とすれ違い、目まぐるしい出会いの渦の中で、強く印象に残り、後からふと会いたくなる人。「花時間」に取材していただいたときに担当してくださったライターの鈴木春恵さんは、私にとってそんな方。
私は彼女のような大人の女性に弱い。穏やかで安定感があり知性と強さを兼ね備えた女性。彼女の限りなく温かい笑顔をみるとほっと安心するが、実はとても厳しい方なんだと想像する。
撮影のときも、慣れないカメラの前で、どんな顔をしていいか戸惑っている私に、にっこりと微笑んでくださり、その穏やかな笑顔のお陰で緊張の糸がようやくほぐれたといった次第。ホントにどうしようもないほど私は恥ずかしがり屋で人見知りなのです。。。(苦笑)
2週間ほど前のこと。まだ夏の余韻が残る眩しい西日が射す頃に、大好きなカフェle fumoirでひと時お茶をご一緒した。鈴木さんの旅の楽しい話を伺い、私の近況をお話して。。。丁度鈴木さんが取材されたばかりという子供の為のお菓子屋さんchez bogatoの話を伺って…
このお店、お話を聞いているだけで、何かワクワクするような、是非とも見に行ってみたいと惹かれるものを感じ、また教えてくださった鈴木さんのお心から感じるものもあり、必ず近々訪れようと心に留めた。
f0148441_22153789.jpg

それから数日後。最近お気に入りのvelib(公共のレンタサイクル)にまたがって、地図を片手に、セーヌを渡ってエンヤエンヤと車の間をぬぐって走った先。chez bogatoは14区のダゲール市場の路地裏にこっそりあった。お菓子屋さんだけど、雑貨などもかわいくディスプレーされた店内には、女の子が憧れるワクワクするかわいいものがぎっちり☆そしてなによりも伝わってきたオーナーさんたちの「好きのパワー」がみなぎっている感じがとても潔いのです。
「好き」なことをを仕事にしている人たちの真っ直ぐで気持ちの良いエネルギー。
大切な事って、いつもここから始まるんだなー。
鈴木さん教えてくださってありがとうございます!

フォトグラファーでもある鈴木さんの目に映るパリ、素敵ですよ。パリからの便り
鈴木さんがchez bogatoのことを紹介したサイトはこちらJBPress

しばらくもじゃもじゃが足に絡まって身動きとれなくなってたけれど、そろそろ私もスッキリしてきた。
大切なことを大切にしようと思ったら結構物事はシンプル。
さ、そろそろ時間かな。

[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-17 22:06 | Trackback | Comments(2)

ひょっこりうれしい

むかーし昔。パリに初めて飛び立つ飛行機の中で書きとめた「パリでしたいこと」メモがあります。その中の一つは目標ではなく、あえて夢というほうが相応しいほど、私には非日常的なことで、しかも個人の努力がどうこうというものでもないので、心の片隅に仕舞っていた事。多分、友人にも話したことがないはず。。。それが、ひょんなことから叶うことに!しかも今このタイミングだからこそひょっこり訪れたチャンスをつかめたのですから、人生の巡り合せははかり知れない☆・・・でも、別に大したことじゃないんです。ホントに。それでも私にとってはとても嬉しく愉しみなこと。
へへへ。だって、まさに夢が叶うのですから!誘ってくれたWちゃんメルシィミルフォア♪

ま、それが何かはまた後で…。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-17 00:55 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

DANGER!

f0148441_934235.jpg

                うわっ。これは一目惚れ。
                何が入っていたんだろう?
                デュシャンにあやかって
                   「実験室の時間」
                  とでも名づけようか。
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-06 09:04 | zakka/brocante | Trackback | Comments(2)

10時半にヴァンヴで

と、待ち合わせをして久々のvanvesの蚤の市へ。もうあれこれ1年ほど足が遠ざかっていた気がする。でもやっぱりたのしいなぁ。あれもこれも気になるものいっぱい☆
あれれれっ!?いつのまにかお店のマダムもムッシュも日本語のボキャブラリーが断然増えてる!!!やっぱり日本人のお客さんが多いのでしょうね。

さて今日の収穫。「Dangere」というラベルの付いた蓋の開かない怪しい薬瓶。1950年代頃のバカラのグラスを2脚。それからガラクタの山の中から見つけたStaubっぽい赤いキャセロールはなんと10€!これがまた深い赤でいい色なのです☆

その他に気になったものはもう一つ少し大きめの透明のガラス瓶と小さな籠。
籠は遠くから見て「なんだろう??」と気になり回り込んで手に取った。フェンシングのマスクのようなカタチで、これを壁に掛けてお花飾ったら、さぞかしフォトジェニックなデコになるだろうなぁとイメージがムクムク膨らんでくる。銀色のプレートも付き、革紐も付いて。。。裏返しして見れば湾曲した木の棒が付いている。。。もしかして自転車の籠?と思って聞いてみれば、正解!子供用自転車の籠だそうです。しばらく迷ったけど、ちょっと予算オーバーだったので断念。「毎週来て一言づつ日本語教えてね」とムッシュー。交渉はそれからかな!?笑
 
瓶はやはり薬瓶のような形で、高さ20cmほどの大きさ。口も結構おおきい寸胴型なのでこれもまた「お花飾ったらかわいいー♪」とキュンとしたので、お店のムッシュにあれやこれや話を聞きだす。「これは1880~90年後半の吹きガラスなので、とても薄く作ってあるんだよ、1900年代になると厚くなるんだ」と。へーーー。こんな小話が面白い。すっかり財布の紐も緩んだ瞬間、ムッシュが「でもね・・・・」と。「これ下のところ割れてるからこんなに安いんだよ」(とはいってもいいお値段でしたが)「本当なら100ユーロは下らない」と。「ありゃりゃ、これじゃ水いれられないね。私お花を飾りたかったの」といったら「シリコンで補修すれば大丈夫だよ」と。。。えーーーー。ダメダメ。絶対ダメ。それこそダンジュルーです。

明日は11区でヴィッド・グルニエ(一般家庭の蚤の市)があるそうなので行って見ようかな。また掘り出し物がいろいろあるかも☆あーしたてんきになぁーーーーれっ♪
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-06 01:47 | zakka/brocante | Trackback | Comments(0)

日々の一輪

f0148441_18585011.jpg

               ポキッと折れてしまったバラ
                  でもかわいいから
              そのまま一輪グラスに浮かべちゃお
[PR]
by nishimaggiefr | 2009-09-04 19:05 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)