ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

10時にThe Berkeleyのエントランスで会いましょう

少し前にロンドンに遊びに来ていたMIKIちゃんと一緒にHyde park cornerの辺りを歩いたばかりだったから道も迷うことなく少し早めに着き、エントランスでドキドキしながらしばらく過ごす。
もう4年もBerkeleyの花を担当している日本人スタッフのMさん。
そのテキパキとした仕事ぶりが無駄なく美しい。誠実な仕事をしている人の眼。
仕事を始めて5分と経たずとも、そういうのはすぐ分かるもの。だから私も心をきっちりと引き締めてお手伝い。Mさんと一緒に来ていたクリストフがフランス人だったから、そして昔の同僚サレとどことなく雰囲気が似ていたから、人見知りの私でも凄~く仕事がしやすい。

ウィンブルドンの期間なので、テニスをイメージしてグリーンと紫の大きな紫陽花と白い胡蝶蘭のコンポジション。エントランス、エレベーターホール、ラウンジ、バー、バンケット、スパ、そしてジャガーのショールム。。。手分けをして次々、さくさくと仕事が進む。

全てのセッティングを美しく済ませ、アトリエの片付けも済ませてから遅いランチ。。。
「今日は時間にゆとりがあるからHyde parkで食べましょうか?」
なんて!わーい!!!
「こんなに時間がある時は珍しいの」とMさんが言っていたけれど、
「ロンドンで花の仕事ができて、Hyde parkの芝に座って日向ぼっこしながらランチ。。。あぁ~夢のよう!」と眼を輝かせて大喜びの私。
f0148441_22203828.jpg

帰り道、クリストフは「Poilane(仏の老舗のパン屋)がVictoria駅のすぐ側にあるんだよ。知ってた?行ってみる?あ、そこの花屋も見てみよう」としばらく一緒にお散歩。ははは、こんなところもサレみたい。笑

ロンドンでこーんなにリラックスして楽しくお仕事でき、嬉しい一日を過ごせるなんて夢にも思っていなかったから、ホント巡り合せって不思議!!!
ありがとう!「隣の花屋」
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-28 22:40 | Trackback | Comments(8)

隣の花屋 つづき

McQueen'sはロンドン1ゴージャスな花屋。
あのAlexander McQueenの伯母さんが始めた花屋で現オーナーがそのお店を買い取って展開しているそうで、とにかく顧客もゴージャス。
日本人スタッフもwork experienceの方含め数名いらしていて、その方々のおかげで早速翌日お手伝いさせてもらえることに!やった☆
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-28 21:47 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(6)

隣の花屋

さて、次に訪れた店は先のRebel Rebelに紹介してもらったここScarlet & Violet
まさに「隣の晩ごはん」ならぬ「突撃!隣の花屋」ね、これじゃ。笑
f0148441_19273982.jpg

日用雑貨の使い方も可愛らしく、オーナーの好きな物をぎゅっと詰め込んだ宝箱のようなお店。
f0148441_19281660.jpg

「カントリーサイドの雰囲気でしょ?お花も季節の物を仕入れているのよ。あなたホントいい季節に来たわね♪」
と、お店の方もすごく気さくで、感じのいいお店。
f0148441_19284090.jpg

わ、梯子もある♪
f0148441_19285674.jpg

うんうん、こういうションペートルな風にそよぐような花束ってやっぱりかわいい。好きすきこうい感じ♪
ダメモトで「work experience(研修。フランスでいうスタージュ)させてもらえませんか?」
と聞いたけれど、「この店は狭いから今居るスタッフで十分なの。OKといえないのはとても残念だけど。。。ごめんなさいね」と断られた。
でも一緒に話をしていたスタッフさんと2人でいろいろwork experienceをさせてくれそうなところを考えてくれ、「あ、あそこ、'McQueen's'ならどぉ?多分させてもらえるわよ!」と。
「old street の?」
「そうそう!あそこは仕事がたくさんあるからきっと大丈夫よ。」

おぉ。。。。McQueen'sといえばRebel Rebelでも勧められたもう一件のお店!これはもう行くしかないね。
善は急げ!眩しく暑い夕暮れ時、もう17時半も過ぎていたけれど、そこからバスを乗り継いで噂の店に行ってみることに。。。
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-28 21:12 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

まさにロンドンぽい花屋かも

一枚のポストカードをみて、「あ、ここ面白いかも!」とピンっときたけれど、さて、これはどこ?
そこで早速このポストカードを置いていた雑貨屋のお姉さんに聞いてみたら、なんともこのお姉さんがとてもとても楽しくラブリーな人で、喜んで行き方を教えてくれ、さらには私が持っていたMAPにかわいい歩く人のイラスト付きで道順を書き込んでくれた。
「わーい!ありがとう!!絶対行って見るね!」と、もちろん私も満面の笑み。
こうして地元の人にいろいろ教えてもらい、ガイドブックには載っていないお店を発見できると思うと好奇心に火が付いてワクワクしてくる。

さて、翌週、そのお店を訪ね、「ハロー」と言って入ってみれば、おっ!ちょうどなにか面白そうなものを作ってる☆
f0148441_1144449.jpg

f0148441_1155074.jpg

さっそく一番貫禄のあった女性、アシーナさんに「私は日本から来たフローリストなのだけど、あなたのポストカードが気に入ったのでお店を見に来ました」と説明し、少しお話をさせてもらった。
その時に作っていたものは直径70cm程の目の形をしたオアシスリングに赤系の花でギッチリと埋め込むアレンジ。「3つ同じものを作るけどこういう感じよ。」といって仕上がった一つも見せてくれた。
「ある会社のCM用」と言っていたけれど、そのポップさ、さすがパンクの街ロンドンという印象で面白い。
そしてまた彼女に彼女がいいと思うほかの花屋を2つ教えてもらい店を後にした。

さて後日。
ダブルデッカーの2階に座り、何気なく外を見ていたらびっくり!
巨大な看板広告に、まさにあの花屋で見た目の形のアレンジが!!!
へー。偶然にも面白い人に会って来たもんだと自分の嗅覚も悪くないと思ったけれど、やっぱりその人の仕事ぶりや作品が人を寄せ付けるものなんだね。
f0148441_145919.jpg

Rebel Rebel HP
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-22 02:01 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(8)

Soil Association

前の日記で書いたDaylesford Organicは、同じ通りにカフェとフードマーケットがあり、食品と生活雑貨、書籍を扱っている。さらに自家農場も持ち、そこでの新鮮な食材を生産しているまさにオーガニックのライフスタイルショップで、ノッティングヒル、チェルシーなどにも支店をオープン、高級百貨店にも出店しているらしいから、それこそそのうちに日本にも!?と思うけど・・・
(そう、それで思い出したのが玉村豊男さんの農園、Villa d'Est Gardenfarm and Wineryなのだけど、その話はまた次回。)

さてさて、そのお店に3回目に行った時、幸運にも日本人スタッフの方とお話ができ、この会社のオーナーがSoil Associationの中心的人物であることを教えていただいた。
そういえば、見たことあるけどこのマーク、でも良く知らなかったから調べてみたら、
f0148441_063312.jpg

1946年、第二次世界大戦後の、荒れ果てた農地・土壌の悪化を重く見た当時の人々によって設立された、土壌の環境を保護するための非営利団体「英国土壌協会」で、活動内容もオーガニック農法への転換のサポートや、農場検査、学校給食の見直しプログラムを考案するなど、オーガニックの普及に大きく貢献。
そしてそこが定めるオーガニックの認定基準はヨーロッパでも一番きびしいといわれているのだそう。
Soil Association HP

きれいなだけじゃないのね。なるほどなるほど。さらに気になってきた。
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-22 00:16 | Trackback | Comments(0)

いろいろみているとみえてくるもの

お花屋さんをいろいろみているけれど自分の根底にある好きな雰囲気ってやっぱり変わらないのだと再確認。
f0148441_22571986.jpg
f0148441_22575850.jpg

いわゆる花の写真集とかではなく、植物に関わる小説を置いているあたり、すごくセンスがいいなと思ったお店。生活の中で自然を愉しむ提案の仕方が押し付けがましくなくゆったりとしていて気持ちが良いうえに、古い道具とかね!もう、ひとつひとつが素敵過ぎる!!こういう雰囲気のお店、日本にこそありそうといえばありそうなのだけど。。。
f0148441_22563686.jpg

Daylesford Organic
30 pimlico road
SW1W8LJ
[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-21 23:19 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(4)

きっかけのつもりが、

さすがにガーデニング大国!扱うお店もグッズも豊富で、あれもこれも欲しくなっちゃうほどセンスがいいものがたっくさん!
Hampsteadの駅からすぐの小路を入ったところにあったお店Juddy Green's Garden Storeもやっぱり素敵な品揃え。
つい一つ一つじっくり見ていたので、その広くはない店を手ぶらで出るには申し訳なくなってしまい、マダムにしっかりお店の品揃えを褒めた上で「私は花の仕事をしているのでいろいろなお店を見たいのだけど、どこかロンドンでお薦めのお花屋さんを教えてください。」と尋ねてみた。
「あらそうなの?素敵な仕事ね。そうね、ロンドンにもたくさん素晴らしい花屋があるけれど、、、いや~ね。名前が思い出せないわ。。。でも、そうね。。。モダンな感じなら、ここ。トラディショナルならここ。」といって、特徴あるパワフルな文字でふたつの店の名前をメモしてくれた。
ね。やっぱりこうして嬉しそうに教えてくれるなんて、みんな自分の好きな花屋がやっぱりあるのね。
思いがけずいい情報収集できちゃった。
f0148441_22101816.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-21 22:36 | Trackback | Comments(2)

10分?

「Maresfieldへ行きたいのだけど、ここからバスで行けますか?」と地下鉄の改札口にいた係りの人に聞いてみた。
「あぁ、あるけれど、そこだったらここから歩いていけるよ。この目の前の坂道を下りきったところで右に行けば見つかるよ。」
「どの位歩きますか?」
「そうだな。。。10分位。」
「どうもありがとう!10分ね?」
「うん・・・そうだな。。。12分かな?。いや15分位。」

ははっ正直な人。そんなものよね。笑

結局20分ほど美しいお屋敷が続く並木道を下ってたどり着いたフロイド博物館。
T郎くん行って来たよ~!!!
f0148441_2255686.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-21 22:06 | Trackback | Comments(4)

さらに進み

さらに坂を道を進み、Fenton Houseにたどり着く。
現在ナショナルトラストの保護施設となっている17世紀後半から建つHampstead最古のお屋敷で邸宅内を見学することができる。
そしてお庭だけを楽しみたければ、お庭の入り口に設置してある木の箱に£1をいれ、自由に入ることができる。バラをはじめいろいろな花が目を楽しませてくれるイングリッシュガーデンはもちろんのごとく素晴らしく、きっちりと手入れが行き届いている。
手を繋いでお散歩を楽しむ老夫婦、ベンチで静かに読書する人。みんなそれぞれの午後のひと時をゆったりと愉しんでいる様子が見ていて微笑ましい。
ここでは鳥のさえずりしか聞こえない。
f0148441_21365985.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-21 21:45 | Trackback | Comments(0)

坂の上のベンチ。

6月3日。午後。
暑いほどの陽射しの中、Hampsteadの小さな坂道を上がった。
ベンチで一人、読書をする女性。
美しく静かな町並みの雰囲気にぴったりで、思わずそっとパチリ。
f0148441_2119498.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2010-06-21 21:22 | Trackback | Comments(4)