ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2011年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

帽子に花

先日の新郎さんはパーティでかぶる帽子にぐるりと花かんむりをつけました。

打ち合わせの時にぐるりとお花で囲むとかわいい感じになるけど。。。とほんの少し心配したのですが、「かわいくしちゃってOK!」のお返事いただいたので、名前もまさにスイートオールドというスプレー咲きの薔薇でぷっくりとスイートな花かんむりを作りました。
きっちりと作りすぎるとフェミニンさが増してしまうので、あえてすこしラフな感じでリズミカルに。
長身の新郎さんにとてもよく似合っていて、新婦さんも一緒にかわいーーー♪と喜んでくれました。
f0148441_12432240.jpg

実際の山高帽はトップがもう少し高く、色も上品なグレーだったので、印象はもう少しシックな感じ

こうしてお花を楽しんでくれる男性もっと増えないかなぁ~♪

あ、そういえばもうすぐバレンタインですね。
パリでは男性から女性に(もしくは男性から男性へもありましたが…)愛する人に花を送る日。
花屋にとってはノエルに次いで大忙しの一日なのです。
 →st-valentin①
  st-valentin②

先日仙台の花市場にも「本物のバレンタインをはじめよう」というキャッチで男性が女性の前で花束を持っているイラストのポスターが貼ってありました。
東京の大手の生花店ではバレンタインをお花の日にしようという動きが出てきているらしいのですが、私も大賛成!
男女問わず、バレンタインデーの日にお花を受け取る人のあの幸せに満ちた輝く笑顔、また見たいなぁ。
いつもお世話になっている花の仕入れ先の社長さんに教えていただいた映画「バレンタインデー」でも近々観てみようかな♪
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-31 13:26 | ブーケ、アレンジサンプル | Trackback | Comments(4)

出張レッスン

ご依頼いただいた場合出張レッスンも行っております。

2月9日(水)は18:30~約1時間半程度

お花とお野菜を使って春らしいブーケを作ります。

レッスン料:4500yen(花材費込み)

会場:仙台市青葉区本町にある素肌美容のサロンにて。

参加自由ですのでご希望の方は詳細をお問い合わせください。

お問合せメール → → → info*pticouro.com
(*を@に書き換えて送信してください。)

受付締切は2月6日(日)です。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-31 09:14 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

ハーブ&ドロシー

f0148441_0301118.jpg

元郵便局員のハーブと図書館司書だったドロシー。

マンハッタンの1LDKの二人のアパートには1960年代からこつこつ集め始めたミニマル、コンセプチュアリズムを中心とした現代アートのコレクションが4000点以上。40年に及ぶ収集でとうとう二人の小さな住処は「楊枝一本の隙間もない」ほどに。。。

いくつかの作品を売れば二人の生活はどんなに豊かになっただろうと周りの人々がやきもきするほど、二人は徹底的に慎ましい生活を送り、居心地のよい家に住むことも、大きなソファーを買うこともなく、彼らの情熱と愛はただひたすらにアート作品の収集だけに傾けられる。

NY中のギャラリーを見て廻る二人のアートに対する情熱と好奇心、作家たちとの交流、作品に対する純粋な愛情、気に入った作品、作家にとことんのめり込みその創作過程までも吸収しようとするほどの徹底ぶり。貪欲なまでに集めた作品の数々。。。


多くの美術館やコレクターからの申し出を断り続けていたにも関わらず、彼らのコレクションをナショナルギャラリーへ寄贈することを承諾した理由~

 ・ナショナルギャラリーは作品を売却することなく永久保存するため。
 ・市民がいつでも無料で鑑賞できるため。

そう、とにかく二人の情熱の根源が「その作品が好きだから」「その作品を守りたい」という純粋な気持ちに尽きる。

アートバブルもその後の崩壊も全く関係なかったわ」というドロシー、そう、だってお金儲けのために購入した作品なんて一つもないのだから。

そしてナショナルギャラリーに作品たちを寄贈したことについて「子供たちを大学に送り出した気分だよ」と微笑むハーブの表情は誇りに満ち溢れ輝いていた。

二人の膨大なコレクションはナショナルギャラリーにさえも収まりきらず1000点のみの寄贈となり、残りの作品についてはアメリカ史上でも最大規模のアート寄贈プロジェクト『ハーバート&ドロシー・ヴォーゲル・コレクション 50 × 50』として全米50州の美術館に50点ずつ、合計2500点寄贈することに。
(想像できますか?その膨大なコレクションがなんと彼らの1LDKの部屋に収納されていたなんて!驚愕!!!)


そしてね、ラストもいいんです!
探究心と好奇心。若さの秘訣、これに勝るものはないかもしれませんね。

「ハーブ&ドロシー」はとにかく「お金儲けのためではなく、ただひたすら二人三脚で好きなモノを集めてきた」ふたりの姿を通して、自分の目で、本質を見極めて、ほんとうによいものを選ぶこと“ほんとうに豊かな人生”の在り方を浮き彫りにする夫婦愛のドキュメンタリー映画なのです。

観れて良かった…


監督佐々木芽生
ハーブ&ドロシー公式HP

残念ながら仙台での上映は1月28日で終了してしまったようですが、是非機会を見つけてご覧ください!
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-29 02:26 | cinéma/théâtre | Trackback | Comments(2)

点と点と線

f0148441_0275894.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-28 00:28 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

シャボン玉




f0148441_12403044.jpg



La Bulle de Savon

     Jean Cocteau

Dans la bulle de savon
le jardin n'entre pas.
Il glisse
autour.

シャボン玉の中へは
庭は這入れません
まわりをくるくる廻っています

ジャン=コクトー/ 堀口大學訳

[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-28 00:26 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(2)

あーーーー!うっかりしてました!

そうそう!なんてこった!
かのこマジックをお伝えしていませんでした。。。
すでにお気付になられた方いらっしゃったかしら??

INFO.

実は写真に秘密が...↑ ↑ ↑

でも携帯からは見れないそうなので是非パソコンからご覧くださーい♪
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-27 22:49 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

バラ色の人生

市場から戻り、仕入れた花々の水揚げをしていたところ、「荷物が届いてるよ~」と。
なんだろ?だれだろ?と受け取ったそれはLa Poste(フランス郵便局)の箱!
送り主の名を見なくても'LA VIE EN ROSE'のシールを見ただけですぐ分かる。
大好きなお花の先輩Annieだっ♪ ♪ ♪

ワクワクしながらも息をひそめてそーっと開けてみる。まるで宝箱を開けるように。
きっと人生で初めて日本に荷物を送ったAnnieのドキドキも感じつつ。。。

エルメの袋には細いサテンのピンクのリボンと紅葉したアイビーが挿してある。
さり気なく上品に可愛らしくラッピングしなおすところが、あぁ、まさにAnnieらしい♪
f0148441_13363290.jpg

そして中にはコンフィチュールと素敵なカード。
新年のあいさつとともに、最後に一言
「相変わらず食いしん坊さん?」と。笑
f0148441_13371375.jpg


ご褒美はいつも思いがけないところからやってくるけれど、彼女の可愛らしさや優しさがいっぱい詰まった思いがけないプレゼントは嬉しすぎてキュンとしちゃいます。

Merci Annie!!
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-26 14:00 | + mes ami(e)s | Trackback | Comments(0)

定期レッスンのDMができましたー

f0148441_10474748.jpg


こんにちは。
まだまだ肌寒い日が続いておりますが、お元気ですか?

さて、4月から美味しいスイーツを楽しめるTea Launge REFRAINさん( 仙台市青葉区中央2-9-7 アーバンブリッジビル1F)を会場に定期レッスンをさせていただくことになりました。
内容はパリジェンヌをイメージした小粋なブーケや、ノルマンディの風を感じるようなブーケ・ソバージュなどなど毎回テーマを変えて気軽にお花を楽しんでいただく全6回のコースです。
月に1回、ワクワクニコニコと一緒にお花を楽しんでみませんか?


城下鹿乃子さんにデザインしていただいたDM、昨日から仙台市内のいろいろなお店(下記参照)に置かせていただいていますので是非ご覧くださいね。

詳しい内容はこちらをご参照ください → → → INFO.

お問合せ・お申込みはemail → info*pticouro.com
*を@に変えて送信してください。

尚、ご連絡いただいたにも関わらず、こちらからの返信が2日経ってもない場合は送信エラーやお客様の受信拒否設定etc.が原因の可能性がございます。お手数をおかけしますが ご確認の上、再送お願いいたします。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

DMを置かせていただいているお店 (順不同)

Patisserie cafe Cadetteさん(ちなみにDM撮影ではCadetteさんのカヌレを使わせていただきました)
ほんわりと温かい気持ちで美味しいカフェとアートを愉しめるcafe mon st.louさん 
ゆったりとくつろげるカフェcafe mozart atelierさん 
かっこいいセレクトショップbukowskiさん
パリの街角を彷彿させる落ち着いたカフェcafé de garçonさん
'パリのかわいい'をリアルタイムに楽しめるセレクトショップarrondissementさん
美味しいカフェ&こだわりの古本屋さん火星の庭さん
もちろん皆さんご存知、いつもお世話になっています。Notre Chambreさんと
cote midi collectionさん
数えてみれば、オーナーさんとは約12年振りに再会!覚えていてくれて嬉しかったです♪
ダイニングバーbirdさん(国分町)
丁寧に美味しく暮らすためのカフェ&アロマテラピーのお店NOYAUさん
日々が楽しくなるようなお店kids mart&mugさん
かっこいい大人のためのセレクトショップno14さん
ほっこりとする気持ちの良いカフェcafe soyoさん
イベントも気になる居心地の良いカフェSENDAI KOFFEEさん
フランス古道具~日本の古いモノ面白いモノあれやこれ、秘密の宝箱のようなアンティークショップatrlier Morceauさん 
ため息つくおいしさ。いつでも行きたいレストラン…Ristorante da LUIGIさん 
セレクトショップ&カフェForstaさん
アーティストが集うおいしい珈琲DE STIJL KOFFIEさん
かっこいいアンティーク家具と雑貨のお店 HYGGEさん


みなさまご協力ありがとうございます!

これからもいろいろなところに置かせていただく予定です。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
 
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-25 12:11 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

苺の香り、花との対話

今日のワークショップは美意識の高い大人の女性対象でしたので、あえて、サンプル通りに作る「レッスン」ではなく、お花とおしゃべりをするように、自由に、のびやかに、各皆さんの個性を活かしてアレンジしていただきました。

初めにお花の特徴や吸水性スポンジに挿す際のわずかな注意点とよりナチュラルに活けるちょっとしたポイントをお伝えしただけで、後は、「さ、ご自由にどうぞ~」と全てお任せ。

工夫をしながら伸び伸びとお花を愉しまれているお姿を拝見すると、皆さんまるで少女のようにキラキラと瞳を輝かせていらしたので、つくづく生花の持つパワーを実感。花に触れるだけでも十分その効果はありますね♪ 

さて、終えてみれば、もちろん一つとして同じものはありません☆
ワクワクするようなアレンジ、伸びやかなアレンジ、美味しそうなもの、エレガントなもの、ロマンチックな雰囲気。。。一つひとつ、皆さんの魅力が表れていました。
同じ花材でもここまでいろいろな表情が生まれるのだなぁと、また新たな発見もあり楽しかったです。
そして企画担当の方からは「お花の魅力ってすごいですね~!みなさん喜ばれて、良かったです!!」と言っていただけたので私も嬉しかったです。

ご参加下さいました皆様どうもありがとうございました。
また次回お会いできることを楽しみにしております。

そして企画してくださったコピンサロンの大場さん、今日も大変お世話になりました。
ワークショップの最中も細やかなご配慮のもとサポートしていただきありがとうございました!また今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


f0148441_20414449.jpg

今日のサプライズ花材は「イチゴ」
皆さんも喜んでくださいました♪

あぁそれにしてもなぁ~んて甘い香り!!!
イチゴってなんかやっぱりときめいちゃいますね☆
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-18 22:01 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

Bon anniversaire ♪

f0148441_20585437.jpg


f0148441_2059628.jpg


真っ赤な花はフォルムや質感が違うものをいくつか
単調にならないように+水色を少し。
グリーンは水色と赤が調和するように少しグレー系のものを…
そして実物と枝物。いつも大地の恵を思う。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-01-11 21:09 | ブーケ、アレンジサンプル | Trackback | Comments(2)