ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

Noyau yumiさんのブログから

f0148441_23232422.jpg

この写真は以前山元町に行った際に、Noyauのyumiさんと旦那さまの新吾さんが連れて行ってくださった、ご自宅の前の様子です。
本来ならば左右に家が立ち並び、猫が庭先を行き来する住宅地だったのに…

避難所となっている公民館からこの場所まで車で10分弱の移動中、窓から見る豹変した町の様子に言葉を失っていたところ、目にした瓦礫の山に立てられた赤い旗。「あれは、もう完全に取り壊していいですよというサイン」と教えられ、また胸が疼く。


311から四十九日が経ちました。

同じ宮城県の中でも、津波にそれまでの生活全てをのみ込まれた沿岸部と直接的な津波の被害に遭わなかった地区との温度差は明らかに広がっています。
そしてさらに距離を感じ、過ぎ去った事と思っている方もいるかもしれません。
でもまだまだ、まだまだ、これからなのだと言うことを、私自身肝に銘じたところです。

「少しでも多くの人に手助けが持続されることを願っての思いで書き綴っています。」というyumiさんの実直な言葉、是非お読みください。

こちら



 
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-29 00:13 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

あれっ?

f0148441_7393778.jpg
忘れ物かな~?
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-26 07:40 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

そういえば…

昨晩TVで'のだめカンタービレ' してましたね。

大きな声では言えませんが、実は2009年の秋、パリロケの際に、私、コンクールの観客エキストラとして参加しました。
映っていませんでしたが。。。これも楽しいパリの思い出です。ははは。(笑)
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-24 22:33 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

イースター

f0148441_21261371.jpg


今日はイースター(復活祭)でした。

もともとゲルマン神話の春と豊穣の女神「エオストレ(Eostre)」の名前を由来とし、春の訪れを祝うお祭りが起源と言われます。
暗く長い冬が終わり、木々が芽吹き、花が咲き始める春はまさに「再生・再誕」の時。
このお祭りがのちにキリスト教の広がりとともに、キリストの処刑を思いおこし、その復活を祝う復活祭として定着しました。

フランスではこの時期パティスリーのウィンドウにはウサギやニワトリ、ヒヨコや卵型の可愛らしいチョコレートが山のように並びます。

そして美しくペイントされリボンが通された色とりどりの卵も、まるでクリスマスのオーナメントのようなワクワクする美しさ。。。
初めてパリを訪れた13年前の春、まさにこの美しい卵が欲しくていろいろなお店で「イースターエッグありますか?」と聞いて回ったのですが、ムッシュもマダムもハテナ顔。
「イースター」をフランス語では「パック(Pâques)」と言うなんて当時は思いもよらず、「何故イースターが伝わらないんだろう?」と身振り手振りで説明したものでした。。。(笑)

その時確かにお気に入りのイースターエッグを見つけ、母へのお土産として2つ購入したはずなのですが、はたして、それは今いずこに。。。?笑
割れないように、割れないように・・・とドキドキしながら持ち帰ったところまでは覚えているのですが、その先の行方知れず・・・思い出だけが鮮明に残っています。


来年はイースターエッグ作ってみようかな・・・
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-24 20:43 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

松島 松華堂菓子店さん

「松島にすごぉーーーく素敵なお店があるの♪」とおしゃれなお姉さま方からお噂はかねがね伺いつつもタイミングが合わず、未だ訪れたことがなかった気になるお店、松島の松華堂菓子店さん。
姉妹店のカデットさんも松島が一望できる高台にあるLoinさんも大好きだから、好きになちゃうこと間違いなし★絶対行かねばっ!と思っていた矢先の311の津波による大打撃。甚大な被害をお受けになったと聞き心配しておりました。

しかし、とうとう4月23日(土)から2Fのカフェは営業再開との素敵なお知らせを頂き、幸運にもお祝いのお花のご依頼をいただきましたので、昨日お届けして参りました。


f0148441_1947015.jpg

「通りすがりの方々にも見ていただきましょう」と、入口の所に置かせていただきました。
雲竜柳、カラー、クレマチス
混沌とした世界から天に向かって真っ直ぐに伸びあがる光をイメージして…

f0148441_19472586.jpg

クレマチスは大輪の白と八重咲きのライラック色。

f0148441_19475280.jpg

スぺシャリテのしっとりふんわりおいしいカステラ♪

f0148441_1948714.jpg

わーーーなんて素晴らしい眺め!カフェから五大堂と松島湾が一望できます。

f0148441_19482081.jpg

そして菜園雑貨の鹿野牧子さんの瓢箪様♪ 静かに佇んで、優しい微笑みでお店を守っているようにみえました。

昨日は次のスケジュールがあったため、オーナーさんとゆっくりとお話が出来なかったのですが、パリにもいらしたことがあるそうで、次回お会いしていろいろお話をさせていただける時がたのしみです。
友人たちともゆったりとお茶のひとときを愉しみに伺いたいなぁ~♪
身近に心が寛ぐ素敵なカフェがあるのって、幸せですね♪

松島は仙台からも車で40分程。ちょっとした気分転換にも丁度いい距離ですし、是非皆さんもいらしてくださいね。


松華堂菓子店
松島五大堂マエ
open:11時~ (閉店時間は要確認) 
火曜定休
tel:022-355-5002
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-24 20:27 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

ご報告

4月15日のtacaくんのライブの際に販売したpticouroチャリティーポストカードとメッセージプランツの売上全額、本日宮城県災害対策本部宛てに振り込んで参りました。こちらの義援金は社会福祉課を通して、被災者に対する生活支援として活用されます。

ご協力くださった皆様、どうもありがとうございました。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-21 21:38 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

チャリティーワークショップに参加しました

そんなに大きな被害を受けていないはずの私でも、毎晩絶え間なく余震が続いた頃は不安で眠れなくなり枕にNotre Chambreのラベンダーの精油を1滴落として過ごしたり、日中はお気に入りのAesopのハンドクリームを持ち歩き折にふれてはそのナチュラルな植物の香りに心身共に癒されてるなど、震災後、改めて香りの持つ力、ふわりと心を包んでくれる香りの効果を意識するようになりました。

そんな時Noyauさんで素敵なワークショップが行われると知り参加してきました。
精油を使った消臭、抗菌スプレーを二つ作り、ひとつは自分のために、もうひとつは被災地の方に使っていただきます。


精油をポタリと1滴づつ落とす瞬間のドキドキ感。
いくつかの精油をブレンドしてオリジナルの香りを作る工程での程良い緊張感はまるで中世ヨーロッパで薬草を調合する魔術師のような気分になってきます。

沢山並んだ精油の中から私はレモンとオレンジを選び、そしてほんの1滴ペパーミントを加えてさわやかな香りにしました。
そして自分用にも同様にさわやか系をつくり、さらにラベンダーの香りを加えて、良く混ぜて精製水で薄めて香りの確認。うん!悪くない♪
初めて作ったのですが、はまりそうなほど、楽しかったです。

参加された方々の中にはノートルのイベントでお目に掛ったことのある方や先日のライブに来てくださった方々もいらしていたので、自然と笑顔が集うひと時となりました。

この香りを選ばれる方はどんな方かしら?気に入っていただけて、少しでも心がホッとするような時を過ごしていただけたら嬉しいです。


写真きちんと撮れなかったのですが、Noyauさんのブログで素敵にご紹介されています♪
こちらご覧ください。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-19 12:45 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(6)

『SEEDS OF HOPE〜希望の種〜プロジェクト』

今朝素敵なツイート発見。

5月3日同じ日に、復興の祈りを込めて世界中で希望の花の種を植えましょう!

希望の花咲く地球 『SEEDS OF HOPE〜希望の種〜プロジェクト』☛☛☛




私はここで、

あなたはあなたの住むところで

これなら気軽にできるね。

遠くに住む大切な友達にも伝えよう。


何を植えようかな~

どこに植えようかな~

せっかくだからお友達も誘って皆でしましょうか?


よし。相談してみよう。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-19 10:16 | Trackback | Comments(0)

石巻での話

「被災地での音楽支援が受け入れられるのか?今、このタイミングで大丈夫かしら?」と正直に言うと私は不安を感じていました。きっとtacaくんも同じ思いだったと思います。
しかし実際に行って、生の演奏をお届けすることができて、本当に良かったと確信できた、エピソードを一つご紹介します。

最初の日は石巻のビッグバン(石巻市河北総合センター)でtacaくんは避難所支援ライブを行いました。
丁度皆さんが夕食を済まされた後、大きなTVの置かれたロビーには老若男女さまざまな方が集い、多い時には50人ほどの方々がいらっしゃったでしょうか。
会場をご紹介くださった赤十字病院のボランティア医師として勤務されていらっしゃる松本先生もお忙しい中駆けつけてくださり、iPhoneからライブ配信をしてくださいました。

tacaくんは、この日はオリジナル曲からは柔らかなメロディのものを選び、また子供も楽しめる様な「となりのトトロ」のテーマ曲なども織り込んで選曲、アンコールでは、スティービー・ワンダーの'Isn't she lovely'を演奏しました。

するとスティービーの曲が流れ始めた途端、私の傍から「よしっ!」という声が聞こえました。
演奏が終わってから、その声の主、50代らしき男性に「お好きな曲ですか?」と話しかけたところ、「大好きなんです。レゲエとかもね。」と嬉しそうに話してくださいました。
そしてしばらくすると、一枚のCDを持って、戻って来てくださり
「スティービー・ワンダーが大好きでアルバムは全部持ってたんですよ。でも津波で全部流されてしまって・・・これ一番好きな一枚なんですけど、これだけ車の中にあって手元に残ったんです。これにサインしてください」と差し出されました。
「えーーー!!!スティービーのCDに(tacaの)サインをしていんですか!???恐れ多い!!」とtacaくんも、私もびっくり!
それでも「はい、是非お願いします。」と仰るので、tacaくんはその男性のお名前と一緒にサインをし、「日付はどうしますか?今日(4月13日)でいいですか?」と聞いたところ、「3月11日にしてください。」と。

そして男性は'taca'とサインされたそのスティービー・ワンダーのCDを大事そうに抱え、そして熱く握手をして「ありがとうございました。今日聴けて本当に嬉しかった。ありがとうございました。」と何度もおっしゃって涙と笑顔で顔をくしゃくしゃにしていました。


まだまだ大変な日々が続きます。
5000戸の仮設住宅が必要なところ、せいぜい100戸づつしか建てることが出来ないそうなので、長期に渡る避難所生活を強いられる方がこれからも沢山いらっしゃいます。
その日々のストレスや不安は、どれほど大きなものだろうかと想像するだけでも、胸が詰まる思いです。

確かに音楽やお花では家を建てたりすることはできないけれど、それでも心に光を届け、心の支えとなることはできるんだと改めて確信いたしました。

今回お力添えくださった松本先生もまさにそうした、音楽支援のプロジェクトを推進されているそうです。音楽の力、人の輪がこれからもますます広がり大きな働きとなりますように。。。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-19 01:00 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(4)

あ、そういえば

f0148441_1335982.jpgずーーーと、なんとなーく、始めるきっかけがないまま、気にしたこともなかったのですが。。。
大地震がある少し前からtwitter始めました。
まだまだ使いこなせていませんが…(笑)

pti96 です。
どうぞお見知りおきを・・・
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-04-18 13:39 | お知らせ | Trackback | Comments(0)