ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2011年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

10月の終わりに 突然訪れたワクワク

いろいろあるけれど、

ワクワクできるって

ほんとに、なんて幸せなことなんだろう。

まずは、心を落ち着かせて、明日を待とう。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-31 22:55 | ひとりごと日々のことetc... | Trackback | Comments(0)

明日29日(土)と30日(土)のレッスンについて。

こんばんは。
お持ち帰り用の袋のサイズのご連絡です。
次回は長方形のお皿に活けますので、底辺が約20×35cmより大きいものが便利です。

直前のお知らせになってしまいましたが、どうぞ宜しくお願いいたします。

メインのお花はホワイトムーンという、とても素敵な薔薇をご用意できましたので、どうぞお楽しみにしていらしてくださいね♪

f0148441_2123113.jpg



西間木
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-28 18:47 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

ダークレディ

先週の金曜日に一目で気に入って、自宅用にと購入してみたバラ。
名前はダークレディですが、香りはふくよかで上品なイヴ・ピアジェのよう。
あぁバラの香りって本当に大好き。いつまでも顔をうずめていたくなる。
そして何よりもこのバラ、咲き誇る姿がとても美しい!
見てください!このくるくると回転するバレリーナのチュチュのように幾重にも広がる花びら。
もううっと~りしちゃいますね。

明日作るギフト用にも是非使いたいと思い、注文したけれど入荷せず。。。
うーん。残念。次はいつお目にかかることが出来るかな?

f0148441_21213135.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-25 21:28 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

リースの季節になりました

リースを作って楽しい、飾って嬉しい季節になりましたね。

本日そあとの庭へ販売用のリースを3つ発送しました。

f0148441_18261555.jpg

一関恵美さんの墨画ワークショップをイメージして作ったリースには、三角アカシア、リューカデンドロ、シルバーキャット、ポポラスベリーなど、個性的な実や紅葉の葉を入れて。

f0148441_18274766.jpg

個人的にお気に入りはこちら。スズランとアジサイ、パールアカシア、シルバーキャットのドライリース。
全体的にシルバーブルーのトーン。とても繊細な雰囲気で絶妙な色合いなので、うーん…写真では分かりずらいですね…

f0148441_18291523.jpg

これは少し大き目。エバーグリーンの香りの良いヒバでベースを作り、ミモザ、アジサイ、ポポラスベリー、ブルニア(ホワイト)をバランスよく配置したリース。

うーん、やはりどれも写真では微妙な色合いや質感が伝わりませんね…
実際にご覧いただけると嬉しいのですが…。


f0148441_18503381.jpg

さて、ここ。遠いようでいて実は西公園から車で10分程の場所、街からとても近いです。
行き方は広瀬通りから西道路のトンネルをくぐり、2つ目のトンネルを出たらすぐ左へ下る道があります。
そこを左に下りて変形十字路を直進して左の坂を登り…あとは看板が出ているのですぐお分かりになるはずです。

おいしい珈琲を飲みながらゆったりのんびりなさりたい方にはおすすめの隠れ家的カフェ。是非一度いらしてみてくださいね。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-25 19:16 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

墨で描くリース

アクテデュースの一関恵美さんがそあとの庭にて10月29日(土)、30日(日)、墨絵のワークショップを開催されるそうです。

そしてその際、私が制作する秋のリースを見本として描いていただくことになりました。
リースは販売いたしますので、是非いらしてくださいね。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-22 21:15 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

能BOXから→'お気持ちお届けしまーすプロジェクト'

デコで使った赤バラ、それはそれは本当に見事な大輪のバラなので、一日のデコレーションだけではもったいない!ということで、貝山さんが発起人となって活動されているお気持ちお届けしまーすプロジェクト'にお預けし、10月23日に石巻の皆様へ届けていただくことにしました。

お花があるとやっぱり気分違いますよね。
少しでもどなたかに喜んでいただけますように…。


f0148441_19341748.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-22 19:28 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

能BOXデコ回想録 

(↓今日の回想録は長いです。笑 よろしければどうぞお時間のある時にでもお読みくださいね。)

今回の貝山さんのコンサートのデコレーション。
ご依頼頂いた後、フライヤーも驚くほど早々に出来ていたのですが、実は実際にお会いして打ち合わせをしたのは何と本番一週間前!(笑)

そしてその時に伺った貝山さんからのオーダーは「テーマは夜明けの歌なので、来てくださった方に希望を感じていただけるようなイメージで」と。後は「恵ちゃんに任せるから」と。嬉しいような不安なような…。

その他、テクニカルな面での具体的な制約としては
・能舞台に水滴がつくと、木に沁み込み、シミになってしまうので、水は使用不可。
・舞台正面に描かれている松の絵はそのまま使う。(舞台使用時黒い幕で覆うことも可能)
・ダンサーの方が躍る場所を確保する。

・・・・等々。

それから2,3日は睡眠中も脳はぐるぐるとイメージを求めて覚醒したまま…
まさに寝ても覚めてもあの能舞台に何をどのように飾ろうか?と、お花を飾った舞台の絵(構図)を求め、濃霧の中、光を求めてさまよっていました。

その中で私が決めたデコレーションのイメージは
・能舞台が持つ場の力に圧倒されず、何か新しい風を吹き込むようなデコ。
・見た人の感性が嬉々と揺れるもの。
・決して和風にはしない。
・シャンソンだし、どこかパリの香りも届けたい。。。。
・いわゆるフラワーアレンジメント(花活け)ではなく、空間を作りたい。
・そして何より、「愛がさんさんと降り注ぐような舞台装花」を作る。
と。

その後、舞台監督の小林さんとアポを取り、実際能BOXでの設備上できるデコレーションの位置などを確認。しかしやってみたいと思った装飾が出来ない事を知る。(ショック!!!)
その際に撤収時間があまりないので、片付ける際の時間的考慮も必要事項として加えられる。
それが14日、本番4日前。

15日には幸運にも能BOXのこけら落し公演「石橋+Shakkyou -津村禮次郎×森山開次」を観劇することができ、演目を楽しみつつも、観客として能舞台と向き合い、どこに何があったら効果的か?どのように設置できるか?などと思いをめぐらす。

そして…そこから搬入まで2日間。


舞台屋根部分の内側にどうしても「愛さんさん」と赤バラを吊るしたい想いは変わらず、急遽2mの枝を6本使用することに決める。ダメ元で改めて小林さんに吊り下げできるようお願いしてみたところ、3度目の正直?OKをいただく。

枝はケヤキ(仙台のシンボル的存在の木)。少し黒っぽい茶色だが、能舞台の白っぽい木肌の色とのバランスを考え、また赤バラとのバランス、そしてオブジェ的存在感にしたいことから、全ての枝を金色に塗る。

それから、能舞台の外側を飛ぶ、愛を届ける(バラをくわえた)鳥の制作。
ワイヤーでのベース作り。ボディには2㎏の藁を洗って使用。羽根はパンパス(銀葦)で表現。

吊り下げ用のバラは巨大輪の赤バラ。花の直径は開くと10㎝以上。長さは80㎝はある存在感のある赤バラ一万本!…としたかったけれど予算の都合上50本。

しかも後は舞台に設置された照明の位置との現場での調整。。。明りを遮って出演者に影がかからないような位置に枝をセットし。吊り下げるバラの位置も調整。

全て大きな脚立の上での作業。舞台監督の小林さん、照明の山口さんのご協力を頂きながら、取りつけては降りて位置確認、そしてまた脚立に上って…の繰り返し。
(ちなみに小林さんは私よりも小柄な女性なのですが、その機敏な対応、技術者としての仕事振り、本当に素晴らしかったです!大変お世話になりました。ありがとうございます!!)

それから舞台上には2か所に分けて柳で制作した大・中・小6個のボールを配置し、赤のアマリリス、茎が柔らかいグロリオサを、舞う蝶のように絡める事に。

生花を使うため、予めセットしてみることなんてできないから、全ては当日一発勝負のデコレーション。幾らイメージしてみても、実際花を置いてみないと分からないところがあるので、自分の感性と経験を信じつつもぎりぎりまで本当に素敵になる?と自問自答。心落ち着かぬまま当日を迎え…。
2日間に及ぶ現場の作業を終え、ほっと一息ついたのは開演1時間前でした。

f0148441_11354625.jpg

                (写真あまりよく見えませんが…イメージは伝わります?)

こうして、2011年秋の私にとって最大級の緊張感あるデコレーションは完成。
一つの挑戦でもあり、もちろん喜びでもあり、そしていい勉強の場にもなりました。

・・・・・・・・・

15年ほど前、フラワーデザインを勉強し始めた頃に梅若能楽堂でダニエル・オスト(ベルギーのフラワーアーティスト)のデモンストレーション&梅若さんのお能を観劇して以来、漠然と夢見ていた能舞台への装花。もちろんそれは夢のまた夢、はるかな憧れの仕事でした。

今年の夏、能BOXが出来る情報を得た時にふとその夢を思い出し、「いつかできたらいいな…」と思ってはいたものの、まさかこうして早々に実現するなんて!

うーん。つくづく感慨深いです。

しかも、今振り返ってみても、今回のデコレーションについて、貝山さんはよく任せてくださったなぁ、とつくづく思います。
イメージはあったとしても当日デコが設置し終わるまで、一体どうなるか、私自身もわからないのですから!(苦笑)

全てを信頼して任せてくださったことに本当に感謝の一言です。
そして、終演後「想像していたよりずっと素晴らしかった!恵ちゃんに頼んでよかった。ありがとう!」と言っていただけて、本当に嬉しかったです。


能BOXの舞台にリノリウムを敷いて、ハイヒールを履いて立ち、コンサートをしたのも初めての試み、能などの伝統的な舞い以外のダンスを踊ったのも初めて。そしてもちろんお花も。

能BOXの様な、新しい試みに開かれた舞台が仙台に出来たことを私は誇りに思います。
これからもいろいろな表現者たちによって活用されて、仙台の芸術や文化がワクワクと広がる場所の一つとなることでしょう。

ますます楽しみですね。
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-22 11:40 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

能BOXでのコンサート

いよいよ明日18日火曜日は貝山幸子さんの能BOXでのコンサートです!
昨晩ファシュタでのライブに伺いましたが、ライブって本当にいいですね!

貝山さんの歌声、渡辺さんのヴァイオリン、白??さんのギター…明日は能舞台の雰囲気も楽しみつつ是非いろいろな方に聴いていただきたいです!

そして、さらに櫻井由美さんのダンスまで!
こんなにもりもり贅沢なステージはなかなか体感出来ないと思います。是非お越しくださいね。

私は皆さんとは初コラボ、能舞台への装花ももちろん初めて。楽しみでもあり、いい感じで緊張感に包まれています。また吊り下げ系のデコレーションをするので事故や怪我に気をつけなくては…。

あ、そうそう、デコのテーマはダイレクトに「愛」です!

昼の部は満席となりましたが、夜19:00からの回はまだもう少しお席があるそうです。
是非皆さまいらしてくださいね!


では、行ってきます!!!


(お申込み、能BOXへのアクセス等は前回のブログ↓をご参照ください。)
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-17 08:02 | お知らせ | Trackback | Comments(0)

貝山幸子さんのコンサート

シャンソン歌手の貝山幸子さんとヴァイオリンの渡辺剛さん、ギターの白??庸介さんの音楽に酔いしれ、音楽で旅するコンサートが2つ目前に迫ってきました。

一つは10月16日(日)
大町にあるForsta(ファシュタ)さんにて“フランス的恋愛のススメ”と題した女子力UPのコンサート。
スペシャルメニューの恋するプレート♥恋するスムージー&カクテルを楽しみながら音楽に酔いしれるひと時…うっとりパリの雰囲気に浸ってシャンソンでドキドキしましょ♪
Open 18:00 Start 19:00
Day/adv 3,000/学割 under30(社会人O.K)2,500yen(1drink付)
ご予約・お問い合わせ(シャントゥーズプロジェクト事務局)
TEL 080-3334-6061
E-mail sachiko@salut-paris.com
Forsta(ファシュタ)
TEL 022-346-8929


そしてもう一つは10月18日(火) 
同じく貝山さん、渡辺さん、白??さんによる'能BOX'でのコンサート。
こちらはダンサーの櫻井由美さんもコラボされ、私もゲスト参加として能舞台に装花します。
わーーーどきどき…

昨日久しぶりに会った大学時代の恩師であり劇団シェイクスピア・カンパニーの主宰者でもある下館先生に「18日、ぼく行くからね!」といわれ、さらにドキっ。。。とても嬉しいけれどまるで授業参観される気分になったのは、何故だろう。。。(笑)

是非皆さんもいらしてくださいね。

①Open13:30 / Start 14:00
②Open 18:30/ Start 19:00

<入場料>:無料(要予約)、フランス式シャポーシステム
(ステージ終了後、お客様ご自身でそのステージの値段を決めていただき、お気持ちを入れていただきます。事前に封筒をお渡ししますのでお使いください。)

<会場>:せんだい演劇工房10-BOX別館「能BOX」
若林区卸町2丁目15-6 (サンフェスタそば。)

<行き方>
仙台駅バスターミナル4番から約25分、
市営バス:志波町・卸売市場経由東部工場団地行き、又は志波町・卸売市場経由霞の目営業所行き。「卸町三丁目」下車
バス停降りてすぐ正面の白(シルバー?)っぽい、倉庫の様な建物です。

<お申込み>
①お名前 ②ご住所 ③お電話番号、④ご希望の時間、⑤人数をお知らせください。
FAX:022-264-0729
email:info@salut-paris.com
tel:080-3334-6061

宜しければ西間木のブログを見たとお伝えください。
又は私にお申込みご連絡いただいても結構です。→pticouro@@gmail.com(@は一つ)


f0148441_1315286.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-12 01:37 | お知らせ | Trackback | Comments(2)

pticouro@SENDAI KOFFEE

f0148441_9541928.jpg

木の実のリースレッスンにいらしてくださったみなさまありがとうございます。
作られたリース、もう飾られましたか?
「たのしかったぁ~♪」と言っていただけるととても嬉しいです。
制作中の様子はこちらにUPされていますので、ご覧下さいね。
photos

ご都合のよろしい時にはまた遊びにいらしてください。
またお会いできること、楽しみにしております。

今後のSENDAI KOFFEEでのレッスンは

■10月30日(日)17:00~
 キャンドルを灯すアレンジ①
  ~フレッシュなお花で飾る

■11月20日(日)17:00~
 キャンドルを灯すアレンジ②
  ~クリスマスを彩る

(①と②は花材&デザインが異なります。)


<参加費>
 5000yen (花材費、レッスン料、ケーキセット含む)
<持ち物>
 お持ち帰り用袋、花ばさみ、タオル
 
参加ご希望の方はお気軽にご連絡ください。
☛pticouro@@gmail.com (@は一つ)
[PR]
by nishimaggiefr | 2011-10-10 00:13 | お知らせ | Trackback | Comments(0)