ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

私の相棒

f0148441_6201732.jpg
長年愛用しているミシン
この度とうとう一緒にパリへ
重くて重くて持ってくるのはなかなか大変だったけど、やっぱりこのミシンは私の相棒。さーて、またいろいろ作りましょうっか。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-27 06:17 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

灯篭流し

f0148441_1264119.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-20 01:13 | voyage | Trackback | Comments(0)

ただいまなつやすみ おもしろがってつくる曽田さん

f0148441_0593026.jpg
私の好きな街
金沢市。
大好きだった祖母が眠る街。
パリに行くことを決めた年、祖母の命日に「行ってきます」と挨拶をしに行ったのはもう3年前の冬か?
その時偶然見つけた雑貨とカフェのお店「collabon」で一目で恋に落ちた曽田耕さんのおさいふ。グレーときれい色のブルーの宇宙船みたいなまん丸のがま口さいふ。実家の自分の部屋に置いているお気に入りのもの達のなかでもとりわけいとおしい。

そうしたらついこないだ中川ちえさんの「ものづきあい」を読んでいたら曽田さんのことが紹介されていた。中川さんも曽田さんの作品に「collabon」で出会ったそうな。
好きなものの点と点と点がつながるささやかだけどふふふっ♪と嬉しい瞬間。
中川さんは曽田さんを「おもしろがってつくる」と表現していた。
そうそうそこそこ「おもしろがってつくる」これなんだよな~
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-20 00:14 | zakka/brocante | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み A氏のカレー

f0148441_17485753.jpg
私には実の姉はいないけれど、実の姉のように長年慕っている人がいます。
彼女はお料理上手のパートナーA氏と東京に住んでいます。

帰国のたびに二人が暮らす素敵なお家、(二人の質の良い、さりげない美意識とこだわりを持って揃えられた北欧風アンティーク家具がなんとも居心地の良い空間)にお邪魔しては、姉さんとのおしゃべりを楽しみ、A氏ご自慢のレコードを聴かせてもらい、たわいのないことで大笑いしつつ、特別おいしいカレーをご馳走になります。

この夏も、暑い暑いといいながら一日しっかり遊びきって帰宅した私と姉さんを出迎えてくれたのは
秘密のスパイスを何種類もゴリゴリ擂り、じっくり煮込んだ濃厚なカレー。
お皿に盛られた黄金色のサフランライスの香りに食欲をそそられながらいただく前から私は満面の笑み♪

今回のカレーの付け合せはホクホクのジャガイモとかぼちゃ
つーんととんがったとりわけ大きなオクラとインゲンの緑色
そして、まるで水菜の様に細いサラダセロリ!
初めて食べたけれど、苦くもなく、
セロリ特有の香りがシャッキリさっぱりとカレーの深みをより引き立てる。
サラダセロリ!これはおいしい!

しっかりモグモグと今宵もおいしくいただきました!

「毎夏、A氏のカレーのために日本に戻るようなものだ」と言ったところ
「調子がいい」と姉にたしなめられました(笑)。

お食事後、女どもをよそに、一人お酒を飲み、
大好きなレコードを聴きながらサッカー観戦。
ふと気がつけばソファーでうたたねしているマイペースなA氏。
大好きな姉さんが人生を共に過ごす人として選んだA氏。
ふたりがふたりでいることが、私にはなんとも嬉しいのです。

いつもありがとう。またね。ご馳走様でした♪
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-19 17:51 | bon appetit | Trackback | Comments(0)

クロチルド

f0148441_6431259.jpg北マレ区でお花屋さんをしているクロチルド
紫大好き!花の仕入れに行く時にも使うからって形はショルダー型。ご希望にそってボタンいっぱいつけたら、「ブラボーマギィ!!!」とーっても喜んでくれました。ラテン系の人は喜びの表現が大きい。そしてやっぱりそれって素直にとても嬉しい。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-19 06:37 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

ちょこっとお知らせ

f0148441_8383047.jpg
先日発売されたお花の季刊誌「Best Flower Arrangement」さんに
私が修行しているパリの花屋’L'artisan Fleuriste’が紹介されました。
p.7にはオーナー二人の姿が。(グレゴリーは雑誌に初登場!!)
そしてp.8-9の2ページに渡って2月末にオープンした2号店の写真が。

本屋さんに行かれたときにでも是非見てくださいね☆


ところでびっくり!
同じく紹介されている北マレ区のお花屋さん’bois violette’のクロチルド!
彼女は私がまだパリに来て間もない頃、いろいろお花屋さんを周っていた時に
私が持っていた自作のバッグを気に入ってくれて
オリジナルの手提げや吊り下げタイプの花瓶を注文してくれた人なのです!

あぁ~あの時、彼女にどれだけ励まされたことか!!
会いたいなぁ~覚えていてくれるかしら??
忙しさにかまけてすっかりご無沙汰しちゃったけど、来週戻ったら会いに行ってみよう~っと。
あぁ早くパリに帰りたいと、気持ちがそわそわそわそわし始めました。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-18 16:56 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み トントントン

f0148441_21225663.jpg
どうもやっぱり好きなんです
トントントンとリズミカルに並ぶものが
どうもいつも気になるんです
この程よい距離感にキュゥっとしちゃいます
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-17 21:20 | voyage | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み 鎌倉 稲村が崎

f0148441_21193996.jpg
踏み切りも何もない線路を跨いで渡ったその先に
そよっっと、そのお店はありました。
アンティーク家具と古道具の「R」さん
風通しのよい、古い民家をそのまま利用した佇まい。
あるべき場所に程よいリズムを保ちながら
いとおしそうに並ぶ一つ一つの品
私も一緒に縁側でしばらく日向ぼっこがしたくなりました。
またいつか行こう。
http://r-kamakura.com/index.html
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-17 20:59 | voyage | Trackback | Comments(2)

ただいま夏休み 江ノ電

f0148441_20164559.jpg
東京に住んでいるあの方
パリにいるはずの私
江ノ電の中でのどかにばったり再会

こんなこともあるんだなぁ~♪
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-17 20:09 | voyage | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み 縁

f0148441_22371785.jpg
不思議な出会いがまた一つ
長年の友人が是非日本に帰ったら紹介したい!とずいぶん前から言ってくれていた方にとうとうお会いできました。赤城美知子さん(以下miccicoちゃん)鎌倉を拠点に食のお仕事をしている彼女は、なんとも風通しがよくて、明るくて、とてもmiccicoちゃんらしい、すっきりと片付いた居心地の良いお家で、いとおしい物に囲まれて暮らしています。そしてそのお家でお料理教室を開いたり、雑誌のお仕事をしています。

何が驚いたって、偶然ながら物の好みがよく似ていて、様々な共通項の多いこと!同じ物もしくは色違いの持ち物のなんと多いこと!同じ映画を気に入ってたり、偶然にも私のパリ友のことも知っていたり!!こんなこともあるもんだ☆

さてmiccicoちゃん、仕事帰りへヘトヘトになって夜中に到着した友人にささっと元気が出る真っ赤なトマトのパスタを作り、翌朝はおいしいベーグル、ホッコリおじゃがとトマトソースのはいったオープンオムレツ、丁寧に入れたコーヒーで素敵な朝食を用意してくれました。「ゆっくりしていってね~♪」という言葉をさらりと心の奥から言える、またその空間を創れるこんな素敵な女性、なかなかいるもんじゃありません。
友人と2人、お言葉に甘えすっかりどっぷりのんびり疲れを癒させてもらいました。
気さくで親切なmiccicoちゃんの作りだす、ホッとする空間と体に優しいおいしさ。
ぁぁ~近くだったら是非お料理教えて欲しいのになぁ。
miccicoちゃんそして紹介してくれたもりひ、ありがとう!
次は是非パリで会いましょう♪
miccicoちゃんのHP :www.toricot.com
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-17 04:14 | voyage | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み 東京の銭湯

f0148441_200280.jpg
遠い夏のある日、親戚の家に行ったとき泊る人が多くてお風呂が間に合わず子供たちはまとめて銭湯に連れて行ってもらったことがあった。
さて何年ぶりだろうか…
男湯と女湯の間、境の壁の端、一段高くなったところに座っている番頭さんに代金を渡し、裸足で湿った床をペタペタと歩き、木製のロッカーに脱いだ衣服をまとめ、そそくさと明るい湯煙の中へ
正面の大壁面には思わず微笑がもれるお約束の平面的な山の絵
カッコン~と響くたらいの音
ザバ~ンと湯があふれる
大きな湯船は気持ちがいい

アーティスト束芋さんの「にっぽんの湯屋」が頭の中でぐーるぐーる回る
ひと昔前の日本の日常の楽しみ
温泉とはちがう公共の湯場
まだ東京にあったのか
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-16 19:29 | voyage | Trackback | Comments(0)

ただいま夏休み

温泉三昧の1週目
f0148441_13311936.jpg
パリのアパルトマンの浴槽は小さくて、足を延ばすことが出来ないから
お風呂大好きな私の口癖は「あー温泉にはいりた~い!」
だから、日本に帰って先ず向かったのは他でもない温泉!
運良く家の車が自由に使わせてもらえたから
久しぶりのドライブ楽しみながらあちらこちらへひとッ飛び!

素朴でほーっとする福島の野地温泉では大自然と3つの露天風呂を楽しみ
ずーっと行ってみたかった庄内地方のお宿「湯どの庵」では
家具デザイナーの岩倉榮利氏の洗練されたセンスと
庄内地方の素材の恵をいかした創作料理を堪能。

お花も素敵に飾ってるな~と思ったら、今大活躍中のchajinさんの作品だったり、
のんびりくつろぎながら楽しい発見がいろいろあって心が浮き立った。

お食事後、浴衣姿でカランコロンと下駄の音を響かせながら散歩に出れば、
暗闇にポーっ、ポーっと小さな黄色い光が!
蛍だっ!!!
なんとなくロマンチックな気分にひたってお宿に戻り
番頭さんに「蛍3匹見れました!」と報告すれば、
「それはお客さん達ついてましたね~。もうこの時期は、あまり見れないんですよ。よかったですね~。ホントついてましたね~」と。
この柔らかく抑揚ある庄内弁がまたなんともあたたかくて、心を和ませてくれたから
あぁここに来れてよかったなぁとしみじみ思った。

そして山形蔵王温泉にある名物大露天風呂。
木々に囲まれた渓流沿いに湧く熱いお湯と木漏れ日を楽しみながら
全身に太陽を浴びて、ふぅ~~っと一息。
あぁ極楽じゃぁ~なんて(笑)すっかり旅の疲れは癒されました。

あぁ~やっぱり露天風呂はいいもんだ!
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-08-14 13:31 | voyage | Trackback | Comments(4)

お散歩にちょうどいい麻の手提げ

f0148441_18573467.jpg
最近のお気に入り、麻のワンピース
まだ濡れた髪の毛をくるるとまとめ
ちょっと日焼けした肩を出し
足元はツンと先のとがった
白いバブーシュカ
こんな夏の装いに合わせて作った
気軽な手提げ
前側は白に限りなく近いグレー
後側は濃い砂色グレー
美しいリトアニアリネンを使った
ツートンの手提げ

必要最低限の物、そして本を一冊入れて歩くのにちょうどいい。
気軽な散歩にちょうどいい。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-25 18:46 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(4)

夏休み

ようやくパリに夏の陽射しが戻ってきました!
そして気付けば街はすっかりヴァカンス
長い長いヴァカンスを心置きなく楽しむため
さすが7区コマイユ店のお得意様方は早々と皆さんお出かけに。
時々向かいの公園から鳥の鳴き声がする程度
人通りも少なくがら~んとしてます。
’郷に入っては郷に従え’ということで、ご近所さんにならってL'artisan fleuristeも長期のお休みへ突入!
その後私は懐かしの古巣、大好きなマレ店のお手伝い。
コマイユ店も明るくて好きだけど、こっちはやっぱり落ち着くなぁ~

まぁ、ヘルプに来たといっても、やっぱりもうパリはどこもヴァカンス。
マレだって例外ではありません。

のんびり店の前で日向ぼっことおしゃべり楽しみながらおしゃれさん観察。
これこそマレ店の楽しみ(笑)

初の日本旅行(しかも約3週間も!!)を楽しみにしている
同僚のジェラルディーンのわくわく振りを見ていたら
私も一年ぶりの日本が急に恋しくなってきました。
わーい!来週からは私達もヴァカンスだ☆
f0148441_20312160.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-21 00:36 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(2)

とっておき

夏のパリ
テラスでのひと時とっておきの心地よさ
f0148441_21114342.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-20 21:12 | promenade | Trackback | Comments(0)

小さな星

f0148441_6275626.jpg
オーニソガラムのアラビカム
小さな星の集まりのようで特別好きな花の一つ
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-18 06:24 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

一輪挿し

f0148441_1464081.jpg
その昔
「お花を部屋に飾りたいけど赤ちゃんがいると危なくて花瓶置けない」
と友達が言っていたので、壁に飾れる一輪挿しを作り始めました。

一輪でもお花があると
ちょこっと嬉しいものです
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-15 20:56 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

散歩

Jardin du Lexembourg
木漏れ日の中颯爽と歩く姿
パリジェンヌってやっぱり素敵
f0148441_216763.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-07-14 21:02 | promenade | Trackback | Comments(4)

musee du cristal baccarat

f0148441_319699.jpg

2006年夏のある日バカラ美術館での
あるソワレのためのデコレーションをしました。

1895年に建てられたこの屋敷
1920年から住んでいたノアイユ子爵夫人はダリをはじめ、モンドリアン、ジャン・コクトー、マン・レイを支えた女性であり
この館で夜な夜な催されたパーティーには、ピカソ、アンドレ・ブルトン、ココ・シャネルなどの姿も在ったとか。

そんなまさに夢の様な「舞踏会の間」でのデコレーション。

緊張感ともまた違った、ぴりっっとした現場の空気が頭をすっきりとさせてくれ
気持ちよくテンションが上がります。

最後は時間が押してしまったものの
担当者の方には喜んでもらえ、よかったよかった。


ちなみに2003年にバカラ本社と美術館がここに移るにあたってデザインを担当したのはフィリップ・スタルク。
ミッテラン大統領時代のエリゼ宮の装飾を担当したという彼の作品はそういえばポンピドゥにも展示されてます。

壁に掛けられた青く光る一対の女神の顔が出迎えてくれ
階段脇には一体誰が座るの?というほど巨大なクリスタルの椅子。
天井には回るクリスタルのシャンデリア。
そして2階の目のくらむようなお手洗い。

はぁ~パリのすごさを見せつけられた一日でした。

http://www.baccarat.co.jp/index.htm
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-06-29 03:16 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

タッタラッタラと踊るピアス

f0148441_1524981.jpg
晴れた昼下がりちょちょっと工作
風を受けて小刻に踊る小さな木の葉を耳元で感じるとタッタラッタラと足取りは軽く
歩幅もちょっと大きくなったり…
今日は天気もいいし
いつもより遠回りして行こうかな
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-06-21 02:16 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

イチゴのかほり

苗からひょ~んと伸びた

ちっちゃなイチゴ

ひと~つ ふた~つ と

赤くなってきた

驚くほどあまーい香りに

同僚のクロエと二人でにんまり

この香りみんなにも届けばいいのになぁ f0148441_7153353.jpg
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-06-13 07:11 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(10)

CONRAN shop

パリ7区のl'artisan fleuristeとCONRANの初のコラボ
これからも一緒にお仕事できますように

l'artisan fleuriste
www.artisanfleuriste.frf0148441_648482.jpg
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-06-02 06:33 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

白いブラウスと白いあじさい

ブラウス専門ブランド「Anne Fontaine 」
パリSt.Honore店オープンの際にデコのお届けをしました。
しかもなんと!
嬉しいことにご注文下さった方は私に全面的にお任せくださると!
あ~それはそれは何と嬉しいこと。

Anne Fontaineといえばやはり甘すぎない大人の女性のための白いブラウス
そんなブラウスのイメージに合う花・・・
パシッと格好良く、かつ少~しフェミナン。
白とグリーンで清潔感とシックさを出そうと店の中を見渡せば
あーなんと幸運なことに大輪の真っ白なあじさいと
ピーンとしたとても良い状態の白カラー。
あじさいのふわりとした形はそのまんまブラウスの襟元を飾るフリルのよう。

翌日お店の入り口付近に設置させてもらい無事終了。

こういうとき黙って好きなようにさせてくれる我がパトロンの懐の深さよ。
ありがとうレザ!!
f0148441_673414.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-03-02 05:37 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

saint-Valentin

今日は男性が女性に赤バラを送る日
「うっそだーーー!!」
って思っていたけど、
ホントに「赤バラの日」だった。。。
お昼過ぎまでは配達もので忙しく、夕方からは狭い店内ゴッチャゴチャと人が溢れた。

しかも先週から新しくスタッフに加わったマジッドは体が大きい上に動きも大きいから一緒にカウンターに入ってラッピングとなると狭い狭い。

しかもマギーとマジー。。。少々コンプリヶである。

ガルルルゥ~と鋏やホチキスを奪い合いながらもバケツリレーのごとく息は合っていたのでしょう。
楽しく忙しい一日だった。

赤バラは仕入れからして特別価格。
一番高い品種だと一本千円以上!!
ひーーー自分じゃとても買えないよ~
でも80cm程もある丈、肉厚の真っ赤な花びら・・・
さすが見事!!!
f0148441_7284291.jpg


そんな中、友達が何人か買いに来てくれて感謝★感謝

受け取った彼女さん達はよろこんでるかしらん?

どんなにヘロンへロンに疲れていても「merci~♪」と花束を手に笑顔で店をでるお客さんを見るのが何よりもうれしい。
やっぱりこの仕事、好きなんだなぁ~って思う。


今日私が作った中で一番大きいブーケを注文してくれたムッシュ。確かにイタリア系の美しい人だったけど、接客後、パトロンに
「イレ ボー アン?マギー?」(彼カッコイイねーマギィ)と笑
それはそれは大きな赤バラだけの花束だったので、同僚も「すごかったね~♪」と。
でその後「あんたへじゃないけどね★」と余計な一言。「フーンッ残念ッ!!」で、大爆笑である。

しっかしいつもカッコイイ人接客した後は必ず誰かしら「彼カッコよかったね♪マギィ」を言うから、ニンマリ顔に出てるのでしょう。

ふふふ

喜怒哀楽がさらに激しくなってる今日この頃です。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2007-02-14 07:20 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

サンパな一夜

今宵はスタージュ先の花屋とお隣さん合同企画で路上でお祭り開催。

寒さよけのボイラーも準備され、思いがけず焼き栗ムッシュも登場!
(やるな~ボス!!)

テーブルには直径40cmはある大きなブリ(チーズ)、
ポアラーヌの焼きたて田舎パンに数種類のパテ。
籠には果物を盛り。。。
かわいいミニミニポインセチアとキャンドルも飾って準備万端。

ジプシーミュージックのバンドの心地よい歌声とリズム。
お客さん、ご近所さん、お友達との楽しいおしゃべり。

スパイスや柑橘類が入った温か~いvin chaudで
寒さに縮みこんだ手と体を温めながらの
時々仕事モード、遊び90%の夜。

楽しみと喜びを分かち合える人たちに出会えたことに感謝して、
もっと頑張ろう☆と気持ちを改めた。

そんな冬の一日でした。
f0148441_7345880.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-12-14 07:33 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

おめでとうの花

f0148441_7195594.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-12-05 07:15 | les fleursお花にまつわる話 | Trackback | Comments(0)

双子の手提げ

f0148441_794217.jpg

手作りの手提げ
思い立ったらモクモクと作ります。
赤が大好きなマルゴのバッグ
折り紙の要素でちょちょいのちょい。
肩からかけられるように革紐は長めに付けて・・・
アンティークのボタンも付けて・・・
あっついでにもう一つ。
・・・で結局いつも気に入ると自分で使ってしまいます。笑
[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-11-21 20:36 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

カケラ

カケラでちょちょっと作る
あの日の彼はちょっとトボケ顔
f0148441_2116360.jpg

[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-11-20 21:13 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

ぎょうざバッグ

f0148441_6563628.jpgぎょうざバッグってはじめ誰が言ったか覚えてないけど、蓋の部分がすこし波々してるからついた愛称。ふふふ。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-11-05 06:55 | magmagic(sac +) | Trackback | Comments(0)

photographe monsieur Yann

f0148441_1355034.jpg
f0148441_1342835.jpg
偶数年の11月 パリは写真月間☆
あちらこちらのギャラリーで写真の展示をしていている。
そして店でもYann Figueiredo氏の写真を飾ることに!!
枯れた花をモノクロームで静かに淡々と撮っているのだけど、 花としての価値は無くなった物体に新たな生命を与えるような詩的で美しい作品です。

サイトで紹介されている作品の中には今回の花の写真は見つけられず、 はじめにヌード写真が出てきて、あれ?間違えたかな?と思ったけど(笑) 良くみるとフォルムの愛で方はやっぱり同じ。

yann氏のサイトはこちら↓
Yann Figueiredo
(展示中の花の写真は残念ながら載っていませんが…)
旅先の街角を撮った写真も好きなテイストでした。
[PR]
# by nishimaggiefr | 2006-11-03 03:42 | art/photo | Trackback | Comments(0)