ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

CHANEL にまつわる一日

「1964年のシャネル特集の’ELLE’を見つけたのっ!」と嬉しそうなアニー。お昼休みにそれをみせてくれました。まだまだカラーのページは少なく、まるで新聞のように黒文字が多い中、強いて言うなら家電の広告にとても力が入ってる様子。おやっ!MATSUSHITAの名がっ!「あれっ?これジャポネだ!何々これ?」と聞けば、松下電器の乾燥機の広告。松下やりますなー!値段はユーロに換算すると200ユーロ。でも44年前ですから当時としてはやはりとても高価だったのでしょう。
さてさてシャネル特集どこ?とページをめくれば、ありました!ありました!6ページ程に渡ってスーツやアクセサリー靴など。もちろん全カラーページ。アニーが「この内ポケットがとってもCHANELなの」「このパンプスのつま先がツートンになってるのもCHANELらしいわ」「この生地もね。。。」といろいろ説明してくれました。そして先日のデコでも大量に使ったキャメリア(椿)のモチーフ。もちろんこの特集に載っていました。この年は髪を上げて大きなリボンを付けるのが流行っていたのか、どのモデルさんも大きなリボンをつけてます。ふふふ。時代が見えて面白い。そういえば最近、たとえばマルタン・マルジェラあたりを着こなす細身のかわいい男の子達が七・三に髪を撫で付けてるのを多く見かける気がするのだけど、それも60’sの影響かしら?なんて話してたんだけど、いま来てる?60’s?
さてヴァンドーム広場のCHANELのサロンは2日間のみ新作時計の発表会場用に模様替え。前日届けた花はまだ綺麗だけど新しいのに変えてほしいといわれ、閉店時間にあわせてお届け。お花のセッティングを無事に終えたところ、担当のポリーヌが「新作の時計見ていく?」と会場内を案内してくれました。なんて感じのいい方!!(ここのサンパさにはいつも驚かされる) デコの仕方もシンプルだけどさすがっ!上品で美しく、息を凝らして見入る程。
パリの華やかで美しいワンシーンを飾る花を陰ながら作らせてもらえることはやはり嬉しいし、それより何よりも今お世話になっているボスのお陰で経験できることだと感じ、役に立てるよういい仕事しよう♪と改めて思うのでした。
[PR]
by nishimaggiefr | 2008-06-18 17:37
<< Enhco兄弟 みーーーつけたっ! >>