ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2013年 01月 ( 23 )   > この月の画像一覧

12月の話 ~ 濱村純さんのフラワーレッスン

遅ればせながら。。。過ぎし日のイベントあれやこれ、いろいろありましたので。
楽しい記憶を紐解きながら、ご報告。


12月1日-2日はパリのフラワーデコレーター濱村純さんのフラワーレッスンをlabo1113で開催いたしました。

>一回目のレッスンテーマはヒムロやモミを使った「エバーグリーンのリース」。

藁ベースを使って麻紐でギュっ、ギュっ、と締めあげていくその作り方は、私は今回レッスンに参加して初めて教えて頂きましたが、なんともこの密度、とっても緑豊かでシンプルながらもとても美しいリース。

飾りはシンプルにフレッシュのアイビーとギンガムチェックのリボン♪
このリボンの付け方がまたいわゆるリボン結びではないところがとても格好よくて、まさに純さん流<甘すぎない大人の可愛さ>

リースも様々な作り方がありますが、こうして新たに教えて頂くと表現の幅が広がりますね。
思わずリストランテ・ダ・ルイジさんのノエルデコ用Bigリースでもその作り方を応用したほど。(デコの様子はまた後ほど・・・。)
とても勉強になりました。



>2つめのテーマは「基本のブケ~ホワイト&グリーン」

この回はなんと現役のフルーリストが多数参加され、テクニックの向上とパリ風のセンスを身をもって体験されていました。
皆さまの意識の高さは素晴らしいですね。

白のスカビオサやフリージア、ウィットローズ等、春の香りも織り込みながらの白いブーケ。
やっぱりいつ見ても可愛くて、「こんなブーケ、プレゼントされたいなぁ~♡」といつもは作る側の私でもついついうっとりしてしまいます。




>最後のレッスンは「燭台アレンジ」

この回も大活躍の人気フルーリストが数名参加、私も仲間に加えていただきました♪
f0148441_16143894.jpg

この燭台は純さんがパリから持って来てくださったもので、3本のキャンドルが立ちます。
ヨーロッパではパーティやクリスマス時期にキャンドルを立てたテーブルアレンジを飾る事がありますが、日本では機会が少ないからかしら?こういったお花がアレンジしやすいシンプルな燭台を入手することがなかなかできないので、東京のレッスンの参加者の方の中にはコレクションするために毎年参加される方も入るそうです。
確かに!!!私もあと数台欲しいくらい!(笑)

最後にはグリーンアップルをサクサクと挿して完成☆
なかなか自分のためにアレンジをする機会がないので、燭台アレンジ制作は個人的にとーても楽しかったです♪

もちろん同じ花材、作り方でも仕上がりは様々。かっちり系、ゴージャス系、ロマンチック系。。。etc,参加者の皆さまそれぞれの個性と同じように違っていて、いつものことながら、花の向きや引き方出し方の加減等、アレンジの深さと面白さを感じました。


純さん、今回も貴重なレッスンをありがとうございました。
何よりもお会いできてお話させていただくと、パリをダイレクトに感じることができるので、私にとって本当に嬉しく楽しい時間でした。

そして参加してくださった皆さま、ありがとうございました。
きっとお一人お一人純さんのレッスンを通して新たな発見があり、またお花を扱う楽しさ喜びを深く感じていただけたのではないかと思っております。

また次の機会がありますよう。。。
その時には今回惜しくも参加できなかった皆さまも是非奮っていらしてくださいね。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。





f0148441_16151449.jpg

レッスンで作った燭台アレンジ(左)と1日のデモンストレーションで純さんが作られたアレンジ(右)












・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by nishimaggiefr | 2013-01-06 17:40 | les fleursお花にまつわる話

powers of ten

Charles & Ray Eames


















////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
[PR]
by nishimaggiefr | 2013-01-06 12:57 | cinema/theatre

2012----2013

<追記>
先日、父の訃報に際し、何人かの友人やお花のレッスンに参加してくださっている方から、「あの日のエピソードが印象的だった」と言われ、ふと思い出したあの瞬間。

「あの日」2011年3月11日の父の思い出

寡黙で穏やかな人という印象の父だったけれど、実のところは本当に己に厳しい、志が高い人だったんだと、つくづく思う。

天国には父を慕ってくださっていた方がたくさんいるから、「先生、良く来た、良く来た」と迎えてもらい、今頃賑やかに楽しく過ごしているかしら。

そうね、きっと。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

音楽・文学・芸術・文化、美しいものをこよなく愛した最愛の父がクリスマスを迎える夜に突然天国に旅立ち、そして昨日、大晦日が初七日。。。

今私があるのも、そしてこうして好きな事を仕事にして日々奮闘できるのも、最大の理解者である両親のお陰だなぁと、ただただ感謝の想いで過ごした一週間。

パリー東京ー仙台そしてロンドン。。。数々の友人たちの温かい気持ちに支えられた日々でした。
みんな、本当に心からありがとう。

悲しみも苦しみも、本当に味わった人にしか分からないことなのかもしれないけれど、私はそういう繊細な気持ちに寄り添える優しさを身に付けていれたら、と思います。

まだまだ修行が必要ですが!(笑)



新年が皆さまにとって喜びにあふれ、輝かしい一年となりますように。

そして繋がる全ての人々が、健やかに平和に過ごす一年となりますように。

2012年ありがとうございました。
2013年もどうぞよろしくお願い致します。

また皆さま笑顔でお会いしましょう。

f0148441_2113567.jpg







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]
by nishimaggiefr | 2013-01-01 21:18 | ひとりごと日々のことetc...