ブログトップ

la petite couronne de fleur

nisimaggie.exblog.jp

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏のアルザス⑤Kaysersberg

さらに車で15分程走り次はKaysersberg(カイゼルスベルグ)へ

かつての生活を想像しながら小川を渡り村のの中へ進むと、がっちりとした木枠のアルザス様式の建物が目の前に広がります

f0148441_23565072.jpg
f0148441_23572439.jpg
f0148441_23580032.jpg
サン・クロワ教会の前にあるコンスタンティヌスの噴水
この村もやはり花々が季節を謳歌するように咲き誇り人々の目を楽しませてくれていました


f0148441_01131761.jpg
古い教会の裏手に入ってみれば、丘の中腹に塔が見え、緩やかな石段が続いていたので、登ってみることに
道脇に咲く花々に見惚れながら、振り返れば中世の町並みがそのまま目に飛び込んできます
f0148441_23532180.jpg
緩やかとはいえ、徐々に息も切れてきたころに13世紀に建てられたカイゼルスベルグ城跡にたどり着き、さらに上には町を見守る古い小さな石の塔が一つ。
暗い塔の中、僅かな光を頼りに手すりをつかみ、人が一人やっと登れるほど狭い螺旋階段を足元を確認するように恐る恐る上がってみれば、目の前にはのどかな村々が広がり隣接するブドウ畑も山々も一望できて一気に先程までの不安感をかき消すのでした。
鋭い陽射しを和らげるかのように爽やかな風が吹き、ほっと一息ついていると「カタカタカタカタタ」と例の音が聞こえ、見上げればコウノトリが悠々と空に弧を描いていました。

f0148441_23542687.jpg
f0148441_23545806.jpg
f0148441_23552389.jpg
f0148441_23555289.jpg




[PR]
by nishimaggiefr | 2018-07-23 01:36 | voyage

夏のアルザス④Riquewihr村のブドウ畑

子供のころから大好きな絵本作家の安野光雅さんの「旅の絵本」の中に迷い込んだかのような家並み、それを囲むように斜面にはブドウ畑、そして丘の上には古い城跡。。。
広大な空の下、こんな風景を目の当りにしたら、身も心もふわっと飛んでいけそうなほどよい気分



f0148441_23110242.jpg

f0148441_01010264.jpg
f0148441_23123402.jpg
f0148441_23132729.jpg


[PR]
by nishimaggiefr | 2018-07-20 00:49 | voyage

夏のアルザス③コウノトリ

「コウノトリが巣をつくる家には幸運が訪れる」又は「赤ちゃんを連れてくる」と人々に愛され、またストラスブールの市鳥でもあるアルザス地方のシンボルのような鳥。。。とは知っていたけれど、今まで本物など見たことなく、お土産物のぬいぐるみやキャラクター化されたグッズしか見たことがなかったので、それは昔物語の中の存在のようにも思っていたのだけれど。。。
Eguisheim(エギスアイム)に到着直後「ほら!コウノトリ!!」と言われて上を見上げてみれば、教会の屋根の上に大きな巣が、1つ、2つ・・・なんと4つも!
しかも小さなコウノトリも一緒にそれぞれの巣でファミリー仲睦まじい姿を見せてくれました


f0148441_07184219.jpg
f0148441_07205293.jpg
f0148441_07212975.jpg
f0148441_07220758.jpg
f0148441_07241272.jpg
f0148441_07251950.jpg
大きな羽根を広げて悠々と飛ぶ姿、くちばしをカタカタカタカタとならす音。。。どこかの屋根にコウノトリの巣を見かける度にさえ、やはりちょっと嬉々と心が躍り、これもまたアルザスでの楽しい思いでの一つとなりました


[PR]
by nishimaggiefr | 2018-07-17 08:06 | voyage

夏のアルザス②Eguisheim

2日目はColmar(コルマール)から車で15分程の村Eguisheim(エギスアイム)へ
フランスで最も美しい村の一つとして1989年に「フランス花のグランプリ」に選ばれ、その美しさは2006年「ヨーロッパ花の町コンクール」で金賞に輝いたというのも納得の、家々を彩る花の取り合わせがその後訪れたアルザスのどの村よりも格別に素敵なところでした。

f0148441_05353694.jpg
絵本の中に迷い込んだかのようなかわいらしい古い家並みと石畳が印象的。こんな狭い所も大きなトラックが入って来たりするので引かれないようにと壁に体を寄せて少し驚きつつも、現在でもこれらの建物が実生活で使われていることに好感を持たずにはいられません♪
三叉路に建つ古い「鳩小屋」はエギスアイムでも人気の写真スポットで、映画「美女と野獣」の主人公のベルの家のモデルにもなったそうです。

f0148441_05401604.jpg
f0148441_05405551.jpg

f0148441_05413140.jpg
f0148441_05423325.jpg
f0148441_05430430.jpg
2013年には「フランス人が好む村」コンクールで見事優勝したというこの村、花好きの皆さんにもいつか是非、夏に訪れていただきたいほどおすすめです。


[PR]
by nishimaggiefr | 2018-07-17 06:30

夏のアルザス

フランスの東部、ドイツと隣接するアルザス地方を訪れるのは2005年の冬以来の2度目。
その時は氷点下5度近く 吐く息も真っ白、雪道を転ばないようにとおずおずと歩き、グレーの空の下とはいえ 冬の名物’marché de Noël’(ノエル市)に賑わう街並みを嬉々として楽しんだのだけれど、今回は22時頃まで明るい夏!青々とした空高く、緑も陽射しを浴びてなんともそこにいるだけで気持ちよいエネルギーに満たされるような、リフレッシュには最適ののんびり旅。

まずはパリ東駅からストラスブールまでTVG(新幹線のようなもの)で約2時間半、そこからさらに20分程でかわいい街並みで人気のコルマールへ。
旅の前半はこの街を拠点に小さな村々を訪ねました。

つづく)


f0148441_00513130.jpg

f0148441_01041397.jpg

[PR]
by nishimaggiefr | 2018-07-17 01:12 | voyage